独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。SFC2017修行組。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行ってみた (クラウド フォレスト⇒フラワードーム)【後編】

f:id:kazooman:20170604125555g:plain

前編からの続きになります。

 

 クラウド フォレスト、フラワードームの2大ドーム

f:id:kazooman:20170604125623g:plain

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには、全面ガラス張りの巨大な2大ドームがあります。ベイ サウスエリアでひときわ目立つ巨大な2つのガラスのドームに入っているのが、フラワードームとクラウド フォレスト。

天井の高い方クラウド フォレストで高さ、なんと54mもあります。

隣の低い面積の広い方がフラワードーム、低いといっても天井高45mです。

画像ではわかり辛いのですが目の前で見ると圧巻です。

ハナサクの地元福岡もヤフオク!ドームの徒歩圏内ですので、毎日嫌でも巨大ドームを見ていますが、それでも2つ並ぶガラス張りドームの迫力には圧倒されます。

まずはクラウド フォレストから行ってみます。

f:id:kazooman:20170604125635j:plain

フラワードームでは「チューリップマニア」の真っ最中の模様。後のお楽しみ。

f:id:kazooman:20170604125646j:plain

全体MAPで見ると、先ほどまでいたOCBCスカイウェイから「すぐそこ!」って距離なんですが、炎天下の中、5~6分は歩いたでしょうか。

f:id:kazooman:20170604125656g:plainチケットはANAハローツアーの特典で付いていましたので、売り場はスルーです。

f:id:kazooman:20170604143359g:plain

2ドーム共通チケットの様ですので、左右の部分を入場の際、それぞれ切り取られます。妻が管理していましたので良かったのですが、私ハナサクが持っていたら、手遊びしながら片方千切ってたかも~。危ない危ない。

f:id:kazooman:20170604125709j:plain

うぁ!中はめっちゃ涼しい!!!快適ー!

 

入るや否や、まず目に「ドーン!」とド迫力で飛び込んでくるのが巨大な滝の山

35mの高さから流れ落ちてくる滝の音や水量の迫力の凄いこと。

f:id:kazooman:20170604125718j:plain

それから、気温差。中はめっちゃ涼しい。むしろ半袖では肌寒いくらい。

でも灼熱の紫外線をずっと浴びて火照った肌には、”今は”とても気持ちいい。

ただ、汗ばんだシャツ等冷えて、あまり長時間居ると風邪ひきそうw

あ!マイナスイオン・・・目には見えないけど、スゴイはずです。たぶん

それと館内すべてに、満遍なく”人工ひんやりミスト”が広がって、とにかく気持ち良い。

f:id:kazooman:20170604125730j:plain

こちらでもプロの園芸師軍団。皆、色が黒かったなぁ

まずはエレベーターに乗って、一気に滝山の頂上まで

f:id:kazooman:20170604145324g:plain

f:id:kazooman:20170604125742j:plain

近付き過ぎると、ずぶ濡れになりそうです。

f:id:kazooman:20170604125750j:plain

滝山頂上まで上がると、順路に沿って裏側へと廻っていきます。

f:id:kazooman:20170604125802j:plain

このエリアは湿度を好む植物が、とにかく健康そう。

f:id:kazooman:20170604125812j:plain

みずみずしさ、伝わりますかね?

f:id:kazooman:20170604125822j:plain

よくよく観察しながらでないと、珍しい蘭なんかも見過ごしてしまいます。

f:id:kazooman:20170604125832j:plain

滝山頂上の裏にあたる広場です。ドーム(54m)の天井辺りですね。

f:id:kazooman:20170604125841j:plain

ここからが、クラウドフォレスト名物の”クラウドウォーク”と”ツリートップウォーク”の入口となります。

f:id:kazooman:20170604125852j:plain

ジェットコースターの様な螺旋状にくねくねとしている(遊歩道橋)クラウドウォークツリートップウォークで、空中散歩を楽しみながら、くだって行くことになります。

f:id:kazooman:20170604125903j:plain

高さはあり眺めは良いし、温度はとても快適だし観光客も中々進まない。

f:id:kazooman:20170604125914j:plain

至る所に珍しい植物や花がありますので植物好きにはたまりません。

f:id:kazooman:20170604125923j:plain

こんな崖っぷち、どうやってメンテナンスしてるんだろ。

f:id:kazooman:20170604125934j:plain

前に従い、順路通り進みます。

f:id:kazooman:20170604125944j:plain

ちょっと意味がわからずじまいだった謎の鍾乳石?風エリア。

f:id:kazooman:20170604130041j:plain

螺旋を3段ほど降りて、かなり地面が近づいてきました。

f:id:kazooman:20170604130100j:plain

f:id:kazooman:20170604130110j:plain

上を見上げてみると・・・

f:id:kazooman:20170604130123j:plain

先ほど通ってきたクラウドウォーク”と”ツリートップウォークがド迫力

f:id:kazooman:20170604130136j:plain

f:id:kazooman:20170604130158j:plain

滝山内部近辺では”熱帯雨林植物”のような・・・

f:id:kazooman:20170604130255j:plain

ジャングルに迷い込んだような・・・

f:id:kazooman:20170604130305j:plain

珍しい植物が目白押し。

f:id:kazooman:20170604130318j:plain

所々に、謎のオブジェがあります。

f:id:kazooman:20170604130335j:plain

やっと下まで降りてきました。いや~、中々楽しかったなぁ~

f:id:kazooman:20170604130353j:plain

出口を抜けると・・・

f:id:kazooman:20170604130404j:plain

そこは、お約束のスーベニアショップw

f:id:kazooman:20170604130423j:plain

ここで生花買って帰っても

f:id:kazooman:20170604130432j:plain

ホテルに戻るまでに萎れるでしょう。

f:id:kazooman:20170604130440j:plain

それより目が留まったのが、この商品出し中の店員の女の子w凄くないですか?

f:id:kazooman:20170604130448j:plain

バイトなのかなぁ?観光客でごった返す店内通路で”地べた胡坐座り”!客が避けて通ってます。

マイペースでお仕事集中しております。日本じゃ考えられないw

さぁ、続きましてはお隣”フラワードーム”

f:id:kazooman:20170604130510j:plain

f:id:kazooman:20170604130525j:plain

オーチャード地下街やMRT地下構内、シンガポールフライヤーでもそうでしたが、この手の壁面パネル装飾の通路をシンガポールでは、あちこち見かけたような気がします。

f:id:kazooman:20170604130537j:plain

 

 フラワードーム。その中は、思いっきり「春」でした。

こちらの第一印象は!」気温かい!ってツッコまれそうですがw

それもそのばず、こちらのフラワードームのテーマは

さわやかな空気に包まれた、永遠の春の世界」なんだそうで、日本で言う「桜が開花し始める頃」の20~23度の快適な気温に保たれています。言葉で上手く表現できないんですが入った瞬間、肌で「春」を感じました。

f:id:kazooman:20170604130550j:plain

またヨーロッパ地域・地中海地域・南半球地域・半乾燥熱帯地域と、エリアごとに植物等もグループに分かれ、装飾されていました。

f:id:kazooman:20170604130602j:plain

この辺は、オセアニア地域の花々達ですね。

f:id:kazooman:20170604130612j:plain

ドーム内が、まるで巨大テーマパークの様です。

f:id:kazooman:20170604130621j:plain

手前の「ソテツ」位しか、わからない。躍動感ある木の幹製オブジェ

f:id:kazooman:20170604130631j:plain

f:id:kazooman:20170604130640j:plain

中央にはボトルツリー等々の巨大木エリアもあり圧巻。

f:id:kazooman:20170604130651j:plain

この辺りは、見事なコニファーの数々。

f:id:kazooman:20170604130659j:plain

宙に浮いて見えた、謎のオブジェ。周りの子供達は怖がってました。

f:id:kazooman:20170604130710j:plain

薔薇エリアは大人気で撮影も困難な程でした。↓この上に上がるとオシャレなカフェエリアがあり、ティーを楽しむマダムで溢れておりました。

f:id:kazooman:20170604130722j:plain

この辺りから、期間限定絶賛開催中であった「チューリップマニア」ゾーン。

f:id:kazooman:20170604130732j:plain

日本で見るチューリップより、かなり大輪ですね。

f:id:kazooman:20170604130750j:plain

なかなか圧巻なんだけど、誰か↑踏み入った???理解出来ない。

f:id:kazooman:20170604130810j:plain

ゴッホの絵をチューリップの花部分で絵画に見立てたコラボエリアは大人気でした。

f:id:kazooman:20170604130826j:plain

f:id:kazooman:20170604130848j:plain

ゴッホの星月夜は白のチューリップと上部には、ヒヤシンスで彩られています。。

f:id:kazooman:20170604130905j:plain

八重咲のシクラメンも珍しくて可愛いらしかったな~。

f:id:kazooman:20170604130927j:plain

妻が気に入って動かなかったのが「巨大ダリア」のエリア・

f:id:kazooman:20170604130954j:plain

もはや人間の顔サイズですよね。

f:id:kazooman:20170604131007j:plain

これは、満開で球状に、まん丸に開花していました。珍しい品種なんでしょう。

f:id:kazooman:20170604131021j:plain

妻の「写真を撮っておいて」とのリクエストに従い、お手伝い。

f:id:kazooman:20170604131113j:plain

続きまして、サボテンエリア。

f:id:kazooman:20170604131126j:plain

気温は変わらないのに、心なしか乾燥地帯に入った様な錯覚を起こす。

f:id:kazooman:20170604131140j:plain

生命力感がスゴイなぁ~。

f:id:kazooman:20170604131153j:plain

この辺りからは、人気の「多肉植物」エリア。

手前にあった地面に張り付いた様なヤツが、なんか見入ってしまいましや。

f:id:kazooman:20170604131205j:plain

もう、本日は、植物でおなか一杯!とても満足です。

比べちゃダメだけど、ハウステンボス・・・ボロ負けかなぁ~。

さて、そろそろ帰りますか。

f:id:kazooman:20170604131218j:plain

出口からも、またパネル通路を抜けると~

f:id:kazooman:20170604131510j:plain

でました。スーベニアショップ!しかも入口は違いますが、先ほどと同じ店内へと中で繋がっていました。恐るべき商魂!w

f:id:kazooman:20170604131230j:plain

綺麗なのもありますので「一個くらい買って帰ろうかな」と値段を見るのですが

f:id:kazooman:20170604131243j:plain

かるく「ひいてしまう」くらい高額でしたので庶民は見るだけw

f:id:kazooman:20170604131324j:plain

行きと同じルートもつまらないので、帰りはマリーナ湾側から裏手に廻って戻ります。

f:id:kazooman:20170604131350j:plain

宿泊者でないと、なかなかこの角度のマリーナ・ベイ・サンズ見れませんよね。部外者(SFC修行僧)が勝手に立ち入りすみません。

f:id:kazooman:20170604131402j:plain

おまけ:マリーナ・ベイ・サンズ先端部分の、真下wから。

 

まとめ

この日はホテルの朝食を済ませて午前中から来たのですが【前編】から合わせて、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内に計4時間位いました。それだけ楽しかったんでしょう。

まぁ、細部に至る迄、予算のつぎ込み方が尋常じゃない。素人でもわかります。

ANA特典でついてきたチケットだし全く期待していなかったんですけどね。

フラワードーム内には薔薇が咲き乱れるイングリッシュガーデンエリアにお洒落なカフェも併設されていて、ケーキ類やデザート等、マダム達で大変賑わっていましたが、そんな所に立ち寄っていましたら、もう日中すべてココで過ごしてしまう位だったと思います。

2大ドームをこれだけ楽しめて2200円/人そこらであれば、行って損はないでしょう。またOCBCスカイウェイは悪天候では無理ですが、この2大ドーム内に関しましては、天気のすぐれない日なんかは逆に充分楽しめるのではないでしょうか?ベイサンズ側からであれば、一部を除き、ほぼ屋根がある通路等で整備されていますし、かなりお薦めだと思います。

次回シンガポールに訪れた際は、ハナサクは日暮れ~夜間に再訪してみようかな。

今回はやたら画像が多いような^^:これでも1/5程度に厳選したんですが。

御見苦しい画像、大変失礼しました。

 

では長くなりましたが、本日はこの辺で^^ また次回。

本日もくだらない長文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

割引チケットはコチラ

www.govoyagin.com

f:id:kazooman:20181018215826j:plain

 

 


Gardens by the Bay(ガーデンズ バイ ザ ベイ)
住所:18 Marina Gardens Drive
TEL:6420-6848(+65)
時間:5:00~翌2:00
※フラワードーム、クラウド フォレスト、OCBCスカイウェイは9:00~21:00
料金:無料
※フラワードーム、クラウド フォレスト共通鑑賞券28シンガポールドル(3~12歳15シンガポールドル)、OCBCスカイウェイ入場券8シンガポールドル(3~12歳5シンガポールドル