独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。アラフィフ突入

クラーク・キー。歩き疲れてカロリー補給 ”松發肉骨茶” (ソンファパクテー)にちょっと寄り道

f:id:kazooman:20170706221241g:plain

 

前回シンガポールで、かなり美味かった!って記憶が残る店

 以前シンガポール旅行の際、かなり美味しかった記憶の残るこの店「松發肉骨茶」に再訪目的でお土産廻りの前にクラーク・キーに寄ってみました。

「松發肉骨茶」・(ソンファパクテー)どちらにしても日本人には呼びにくいネーミングですよね。場所はと申しますと、もうご覧の通りMRTクラーク・キー駅でたら、わずか1分足らずの場所にあります。どなたでも行けるはずです。

f:id:kazooman:20170706223600g:plain

 本日はどちらの店舗?

こちらには1店舗挟んで、隣にももう一店舗あるんですね。赤い矢印の店舗は冷房が効いていて、交差点のこの店舗はオープンテラス風?で店内は扇風機のみ。

f:id:kazooman:20170706222915g:plain

午後4時。かなり炎天下をうろついた後でしたし、この後、さらにお土産仕入れに廻ると妻が申しますもので、休憩&小腹を満たし栄養補給の目的でした。

ですので、できれば冷房ガンガンのお隣店舗が良かったのですが、外に並んで待つのは「せっかちな博多っ子」としては、もっと嫌w

f:id:kazooman:20170706222930g:plain

 ってことで、もっか夕方からの激戦前にテラス席準備中で、すぐ入れそうな「11New Bridge road店」へと突撃します。こちらの店舗は朝も早く9時~営業なんですよね。

f:id:kazooman:20170706222941g:plain

 でも、こちらが元祖肉骨茶(バクテー)の有名店『松發肉骨茶』って感じで、存在感あります

f:id:kazooman:20170706222953g:plain

16時頃ってタイミングも良かったのでしょうが、お隣の大行列と違い、こちらは拍子抜けするほど「ガラガラ」でした。オープンですので見た目は暑そうですが、中は薄っすら冷房と扇風機が天井でガンガン廻っていますので、飲み物で落ち着く頃には汗ばんだ肌も落ち着きます。

f:id:kazooman:20170706223004g:plain

さ~て、何注文しよっかな。たしか前回はお隣さんが美味しそうにスープに浸して食べてた油条(揚げパン)を「次回来た時はチャレンジしてみよう!」って思ったんでした。

f:id:kazooman:20170706223022g:plain

 お隣の冷房店と違い、店員が持て余していましたので、ハナサク夫婦のテーブルに2~3人入れ替わりでサービスに来てくれます。荷物を置けば、サっとナプキンで覆ってくれる日本人のようなきめ細やかなサービス。炎天下で外に並ぶくらいなら、こっちの店舗に来れば良いのに。と妻と二人不思議がっていました。

では、お待ちかねのパクテー頂きます。

f:id:kazooman:20170706223038g:plain

よくブログで「ぼったくられた」風に書かれている問題の「ウエットおしぼり」。無意識に開けて使うと自動的に会計で「ウエットティッシュ‐$0.4」加算されるので、見るだけにしておきますw

f:id:kazooman:20170706223049g:plain

青菜があるのに油条(揚げパン)を頼むんじゃなかったんかいっ!」って突っ込まれそうですが、もうね、余りの炎天下をうろうろしてきたので「油」って文字に身体が拒絶反応してしまったようで・・・。次回こそ、チャレンジですw

いっぱい頼んでいる様ですが、夫婦でシェアして食べます。まだウロウロ巡りが待っていますし、晩飯は別に行きたい店あるし、今日はこの位にしといたろっ!って感じで。

前回程感動はなかったものの、骨からホロっとほぐれる柔らかく煮込まれた肉と、この胡椒とニンニクの効いた漢方スープが相変わらず、なんとも美味い

f:id:kazooman:20170706223103g:plain

スープは少なくなれば店員が何度も継ぎ足しに来てくれます。福岡に牧のうどんってあるんですが、こちらも強烈な麺がスープを豪快に吸い込むもんで継ぎ足しスープをやかんごとテーブルに持ってきてくれるんですが、まさにそっくりなシステム^^

福岡 釜揚げ牧のうどん

最後は見た目悪いんですがライス㏌です。これが絶妙♪ ※見苦しい画像で申し訳ありません。

f:id:kazooman:20170706223121g:plain

・・・・で、妻が食べ終わるの・・・遅い。

表に停まってた「カレラS」が気になりジロジロ覗き見しながら暇つぶし。

さ~て、お次はお土産の仕入れです。

チャイナタウン・ポイントまでは歩いても500mそこらで余裕の徒歩圏内です。

 

 

ハナサク夫婦はMRTツーリストパスを使い倒すべく事あるごとに乗りまくりましたけど。

f:id:kazooman:20170707133921g:plain

チャイナタウン・ポイントにやって来ました。交差点ですし目立っています。

f:id:kazooman:20170706231501g:plain

お目当てはチャイナポイント地下にある庶民派スーパー「FairPrice」(フェアプライス)!お土産は地元スーパーに限る!

意気揚々と中に入るや否や・・・

 

げっ、ここにも”松發肉骨茶”(ソンファパクテー)あるんやった・・・

まぁ、館内は冷房ビンビンでした。最初からココに来ればよかったーー!

f:id:kazooman:20170706223130g:plain

でも、こんな遠回りやオチも旅には必要!と自己暗示で言い聞かせ納得します。

お土産求め、いざ地下へ

日本人にはスロープタイプのエスカレーター、あまり馴染みないですよね。

f:id:kazooman:20170706223139g:plain

地元スーパーとなると俄然はりきる妻でした。大人しくついて行きます。

f:id:kazooman:20170706223150g:plain

到着、確か「FairPrice」(フェアプライス)はチャンギ空港にもありますよね。

この後、大きなスーパー袋×4袋購入し、荷物持ちをさせられるのであります。

まとめ

シンガポールと言えば「パクテー」って程、観光客には代名詞的グルメではありますが、「パクテー、シンガポールvsマレーシア対決!」って程2国間での名物でもあります。KLに行く前に、もう一度「おさらい」的に味覚を叩き込むべく再訪してみました。マレーシアでのハナサク的「パクテー対決」をやってみるつもりです。

乞うご期待。

”松發肉骨茶”の7店舗詳細です。

本日もありがとうございました。

では、また。