独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。SFC2017修行組。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。

貯まったマイルどう使う?12,000マイルでドコまで行ける?特典航空券利用で予定組むならローシーズンを狙え!

f:id:kazooman:20180415174901j:plain

 夏前にドコか行きたいな~。ANAタイムセールを待ってました

最近、月に1~2度は時間を作ってSFCやDIA満喫しています。

今月は後半に台北、来月はシンガポール787-10の旅^^、夏は沖縄等々押えてはいるのですが、仕事がら繁忙期の谷間になる6月後半~夏前にも、もいっちょ何処か行っときたいところです。

f:id:kazooman:20180415174935j:plain

ってな訳で「6~9月出発」のセール商品が多い、今回のタイムセールを楽しみにしていました。

f:id:kazooman:20180415174955j:plain

今回はANASKYコイン還元キャンペーンも開催中です。※要参加登録。

f:id:kazooman:20180415180904j:plain

 まずはエコノミーツアーから

f:id:kazooman:20180415175012j:plain

ん~~・・・

f:id:kazooman:20180415175024j:plain

マイルや修行の観点だと、タイムセール(エコノミー)は大半ブッキングクラス”L”等、積算率30%程度にしかならないので、激安や目玉ツアーがあれば、石垣や那覇を絡めて、前後泊で海外乗継PP3,936PP~4,896PP稼ぐってのもアリかな?な~んて、あてもなく考えていましたが…撃沈。

ソウル29,000円で沖縄絡めて・・・との、ちょっと考えましたが、ソウル2泊はしんどい。価格も諸税含むと4.5万程になり、魅力半減。プレミアムポイントも羽田⇒金浦区間片道、積算率30%でわずか341!話になんねぇ~~

特に、飛びつく程、興味深いものも…いまひとつなし

プレミアムエコノミー

f:id:kazooman:20180415175037j:plain

高いな~。やはり旅作のシステム変更に伴い”激安”見なくなりました。

ビジネスクラス

f:id:kazooman:20180415175047j:plain

ホーチミンが気になる程度だが、とくに目玉商品なしかな…

 

ならば、普通に特典航空券で遊びに行くかっ!

 

妻も行きたそうですし、それならばハナサクだけ旅割等で予約し、特にPPの必要ない妻の分だけ特典航空券で賄う!なんてのもアリですね~。

 

f:id:kazooman:20180415175120j:plain

しかし福岡⇔沖縄ハイシーズンでもないのに15,000マイルも必要なんですよね。

f:id:kazooman:20180415175129j:plain

福岡⇔札幌等になると、国内線なのに18,000マイルも必要です。

この方法で一人だけ運賃浮かすなら、まだ「いっしょにマイル割」の方が使えるのではないでしょうか。※変更は不可になりますが。

少し、右脳を起動させて再考の余地ありです。

 

視点を変えて、マイル活用法にアイデア加え”ひと工夫”

 

では国際線で特典航空券はどうでしょう?

まだ特典航空券の発券経験の無い方は、予約時に必要となる3類別カテゴリからなるルールを理解しなくてはいけません。

1.目的地のゾーン(エリア)を理解する

f:id:kazooman:20180415175228j:plain

けっこう細かくZone1~10にまで分けられています。

 

2.シーズン(季節)チャートを理解する

ローシーズン(安)、レギュラーシーズン(中)、ハイシーズン(高)に分けられています。当然ですが、皆が休みのとれる連休や子供達が休みの期間はハイシーズン、反対にほぼ大半の人が選ばない時期はローシーズンに設定されています。

但し、これらも現地の季節や人気時期も関係し、一概に国内でのH,R,Lには当てはまらない場合も多く「目的エリア」によって「シーズン分け」も異なります。また、その年によっても祭日休日等の関係で年度別に設定されていますので注意が必要です。

今回は最もお得テーマローシーズン特化して説明してみますね。

f:id:kazooman:20180415175154j:plain

まず、ハワイやオセアニアでは「3期間/年」に分けられていますが・・・

f:id:kazooman:20180415175206j:plain

欧米等のZone6~7エリアでは「2期間/年」しか設定されていません。

f:id:kazooman:20180415175214j:plain

対するアジアエリアは、なんと4期間/年」も設定されていますので、色々と応用が効くので、工夫次第では「特典航空券の裏技」を遺憾無く発揮する事も可能になってきます。

3.必要マイルチャートを理解する

f:id:kazooman:20180415175241j:plain

最後は、往復に必要なマイル数なのですが、Zone2韓国だけとなり、国内の特典航空券より安い12,000マイルビジネスクラスでも25,000マイルで良いんです!

この国際線特典航空券発券に関するルールに、ほんの少し裏技アレンジを加えますと~…

ANA 国際線特典航空券を利用した超お得な裏技発券

 

な、なんと…こんな感じでイケちゃうんです^^

 

f:id:kazooman:20180415175253j:plain

題して…

スイートラウンジ巡りながら、ついでにソウル4泊5日の旅^^♪

必要マイル12000マイル

諸税等6,580円

 

ANA国際線特典航空券ルールや前後の経由便ルール、人気のないローシーズンを最大限利用しアイデア凝らして工夫すれば、こんな発券が割と寸前でも発券可能だったりするのです。

福岡⇔沖縄でも15,000マイル 福岡⇔札幌で18,000マイルだったものが、福岡沖縄東京韓国札幌と満喫できて、たったの12,000マイルで全行程発券可能です。

必要マイルは少なくなるのに搭乗は増える!っていう、特典航空券発券が未経験の方が聞いたら「意味が解らなくなる」であろうマイルのトリックですね。

国際線利用+ローシーズン狙い+格安Zone選択+経由地前後2便ルール+知識(悪知恵)+セコさ6技を組み合わせる事でなせる裏技です^^

 

※正確には、もうひと工夫した後、無事発券できました。

 

まとめ

ハナサク普段、ANA利用の場合は、マイル⇒ANA SKYコイン での発券は大半ですが、たまには特典航空券の旅も良いのではないでしょうか?^^

格安セールの場合と違い、基本は正規運賃予約同等の扱いになりますので、突然の日程変更や便変更等も柔軟に対応して頂けますし、未経験の方は一度挑戦あるのみです。

また、日程や便検索も、すんなり上のプランが出てくるものでなく、すぐエラーで弾かれます。また初めからやり直しです。ちょっと凹みますが、へこたれず何回も何十回も、いろんな方法や日程、経由地で何十パターンも挑戦してみると「おっ!」って奇跡の行程が出てきます。

まずはANA特典予約から複数都市・クラスをイジイジして日頃から鍛えましょう^^

陸マイラーの皆さんは、3月末のポイント期限送りだしで、もぬけの殻状態の方のいるのではないでしょうか?^^ しかし大量ポイントのソラチカ渋滞が起こっているはずです。マイルたっぷり貯まってますよね?^^

今回の例は、行きたい場所に「ソウル」を織り交ぜただけで12,000マイルですよ。

ポイントサイトで、リピート可能で大人気の「からだリフレたったの2回分です。ヤバいです。

f:id:kazooman:20180415210933j:plain

今なら三井住友VISAカード<エブリプラス>なら一撃16000円分のポイントだし

f:id:kazooman:20180415212124j:plain

楽天カードなんて一撃で10000P+7000P大量ポイント獲得できるし!

f:id:kazooman:20180415211646j:plain

12000マイル程度なら、余裕でおつりがきちゃいますね。

 

興味のある方は、日頃からの特典予約の特訓が大切です。特にハワイ路線の争奪戦は、こんなユルいもんじゃなく、ビジネスクラス等は戦場です。まさに勝者しか発券できませんし、355日前ルールも理解しておく必要があります。

※この辺りは、またの機会にでも…

 

今回は興味のある方の参考になれたかな…

 

では、また。