独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。SFC2017修行組。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。

クアラルンプール随一の屋台街【ジャランアロー】Jaran Alor (アロー通り)で 激安・美味なローカルグルメを大満喫

f:id:kazooman:20180522003343j:plain

 

クアラルンプールで一押し!活気のある屋台街

KL一番の繁華街、ブキッ・ビンタン駅から徒歩2~3分。東南アジアの国々の中でも、とりわけ多種民族が多いシンガポールやマレーシア。

そんな多種民族の胃袋を支えるのが今回紹介します「ジャランアロー」。

駅のあるメイン通りから、ほんの一本裏路地に入れば、そこには約200mに渡って道の両側に 所狭しと、中華料理、インド料理、タイ料理、フルーツ(ドリアン・マンゴー)専門、マレー料理店等が軒を連ね、昔ながらの雰囲気・風景そのままのKLを代表する巨大屋台街がひろがります。

夕方5時くらいから、人通りも増え始め、各店は徐々に活気に満ちてきます。マレーシアは日没が19時過ぎで、本格的にいよいよ日が沈むと、通りを照らす提灯も点灯し雰囲気がより一層増してきます。

欧米人観光客も地元の方も、そして日本人も結構います。その活気は夜通し続き、明方まで営業しているお店も多々あります。

アクセス

 

アクセス KLモノレールBukitBintang駅から徒歩5分。
ブキッビンタン通りの裏通りに位置します。
住所 Bukit Bintang, 50200 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia

 

f:id:kazooman:20180521135906j:plain

MRTブキッ・ビンタン駅の、こちらの出口から出れば、もう20mそこらです。

f:id:kazooman:20180521135915j:plain

MRT出口を地上に上がったら、そのまま直進

f:id:kazooman:20180521135922j:plain

右も左も珍しいお店が沢山。

f:id:kazooman:20180521135930j:plain

ここを曲がれば、アロー通り入口です。

f:id:kazooman:20180521135938j:plain

日が陰りはじめた6時過ぎでしたので、まだ余裕で歩けます。

f:id:kazooman:20180521135946j:plain

ジャランアロー(屋台)の利用ルール

ジャランアローで注文の仕方は、シンガポールのホーカーと異なり、まずお目当ての店または店の周りのテーブルに座ります。

お目当ての料理を注文しますが、その際、自分達の確保したテーブルを店員に伝えます。テーブル番号があればその番号を、無い場合は指さしでもOKです。

お目当てのお店が複数ある場合は、同じ要領でそれぞれの屋台でオーダー可。

店内テーブルのあるお店では、着席すれば、店員さんがメニューを持ってきてくれます

また日本の様に「お冷」や「飲み物」は出てきませんので、別に注文するか、各テーブルを巡回している飲み物屋さんへオーダーします。この際、氷が含まれるものは、日本人のデリケートな胃腸には危険ですので避ける方が得策でしょう。

ご注文の料理が運ばれてきたら、その都度、清算します。

f:id:kazooman:20180521135954j:plain

夜も更けると、道路を埋め尽くす様にテーブルが並びますので、なるべく、お目当てのお店の近所を確保しましょう。

f:id:kazooman:20180521140005j:plain

各お店も、繁忙時間前で準備が忙しそう。

f:id:kazooman:20180521140016j:plain

この鉄板グリル・・・旨そうな匂いを放っていました。

まずはアロー通りを縦断してみます

f:id:kazooman:20180521140024j:plain

気の早い観光客や地元の方は、待てずに晩餐が始まってます。

f:id:kazooman:20180521140034j:plain

一番驚いたのが、この両側からテーブルがせり出して埋め尽くされた道に…

f:id:kazooman:20180521140043j:plain

むりやり車がガンガン入ってくるんです。クラクション鳴らしながら…

f:id:kazooman:20180521140051j:plain

店員が、椅子を移動して車を通す工夫をしています。

f:id:kazooman:20180521140100j:plain

人が増えるにしたがって、あちこちで美味しそうな香りがしだします。

f:id:kazooman:20180521140110j:plain

いろんな国籍メニューやお店があるので、目移りしまくりです。

f:id:kazooman:20180521140118j:plain

夜が更けると、この椅子が、すべて通りを埋め尽くすんでしょう。まだ準備中

f:id:kazooman:20180521140135j:plain

これは、沖縄でいう、とうきびジュースですよね。絞る機材を見ると原始的過ぎて「衛生面」は大丈夫なんだろうかと不安にもなりますが…

f:id:kazooman:20180521140142j:plain

各々が好みの飲み物を注文するジャランアローでは、大人気なんです。他にもいろんなフレッシュ系ジュースは至る所にあります。

f:id:kazooman:20180521140150j:plain

揚げ物屋さんや小籠包屋さんも、絶えず注文する客で賑わいだしています。

f:id:kazooman:20180521140202j:plain

いやいや、マジで旨そうな料理・・・多いです。

f:id:kazooman:20180521140210j:plain

激暑な気候の上、高温の蒸し器ですから、店員さんも「汗だく」ですね。

f:id:kazooman:20180521140218j:plain

 

f:id:kazooman:20180521140235j:plain

人気店と、そうでない店は、お客の入りで、なんとなく…わかります。

f:id:kazooman:20180521225631j:plain

ドリアンの他にもランブータンマンゴスチン、ドリアン、ドラゴンフルーツ、ジャックフルーツなど様々な南国の果物は、どれも美味しそうです。

f:id:kazooman:20180521225644j:plain

人気店は、テーブルがどんどん埋まっていきます。

f:id:kazooman:20180521225653j:plain

なかでもドリアンの屋台は、至る所にあります。まぁ、匂いは・・・強烈ですので、未だ未経験なんです。

ビニールの手袋つけて食べている光景を見ると・・・ヘタレはビビっちゃうんです。

f:id:kazooman:20180521225701j:plain

こちらのお店は欧米人だらけ。

f:id:kazooman:20180521225709j:plain

f:id:kazooman:20180521225722j:plain

この両端からせり出すテーブルの間に、車が入ってくるんですよ。

f:id:kazooman:20180521225734j:plain

このエリアは中国人観光客が大半でした。

f:id:kazooman:20180521225746j:plain

f:id:kazooman:20180521225802j:plain

もはや、意味が解らない。

f:id:kazooman:20180521225812j:plain

f:id:kazooman:20180521225819j:plain

おばちゃんも暑そうでした。

f:id:kazooman:20180521225830j:plain

こちらは、マレー風おでんの屋台。様々な食材が串刺しになって並んでいて、串の色で各料金がきまっているので明朗会計。これを手前の沸騰しただし汁で煮て食べる。

f:id:kazooman:20180521225839j:plain

日本では無い習慣の屋台なので、もの珍しさ全開。

f:id:kazooman:20180521225848j:plain

少しづつ、日も傾き、良い頃愛の時間になってきました。

「偽ミッキーの店」でお馴染み W.A.W restaurant 黃亞華小食店

観光客には大人気の有名店。

本日のお目当てのお店に到着。一番の人気店は、ジャランアローを入って一番奥の左手にある、この偽ミッキーの看板が目印のW.A.W restaurant

f:id:kazooman:20180521225858j:plain

ジャランアローで一番美味いと評判のミッキーの手羽先。

f:id:kazooman:20180521225906j:plain

ちょっと「つまめる」量のメニューから…

f:id:kazooman:20180521225913j:plain

ガッツリ食べる場合でも大丈夫。RM100もあれば、動けなくなるまで飲み食いできます。

f:id:kazooman:20180521225954j:plain

人気店ではあるのですが、メニューはリーズナブル。

f:id:kazooman:20180521230002j:plain

こちらは外せません。名物サテー。マレー風の焼き鳥でピーナッツソースをつけて食べます。チキン・ビーフ・マトンの3種盛り

f:id:kazooman:20180521230009j:plain

ビールにはこれ!一番人気は、コチラのチキンウイング。パリッ香ばしい焼き目がついて噛り付くと肉汁たっぷり。照り焼き風甘辛味で日本人好みの味つけです。

f:id:kazooman:20180521230017j:plain

このソース。ピーナッツベースなんで最初は戸惑うのですが、食べ進めていくと…これが、旨い。人気が頷けます。

ジャラン・アロー まとめ

 この日は、訪れた時間は日没間近で早い時間でしたので、本格的は活気を浴びるのは、もう少し遅い時間になるのですが、なんとも怪しげでディープなジャラン・アローの独特の雰囲気はお伝えできましたでしょうか。

ちょこちょこ摘まみながら屋台を廻っても、一人RM20位(500円)もあれば十分でしょう。東南アジアではビール等は現地価格から見ると高いのですが、それでもRM80~100もあれば、ハシゴしながら、しこたま飲んで食べて楽しめるでしょう。

記事を執筆中・・・また行きたくなりました。次回はもうすこし遅い時間に再訪したいですね。またKL海外発券でも計画しようかな~…

クアラルンプール滞在中、晩飯に悩んだら、一度訪れてみてはいかがでしょう。

ディープなKLの夜に出逢えるはずです。

 

では、また。

 

 

www.kuckys.net

www.kuckys.net

www.kuckys.net

www.kuckys.net

www.kuckys.net