独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。SFC2017修行組。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。

息を呑む程の眩さ!?シンガポールの"夜景"を独り占め? アクセスの良さや景観重視だと おすすめはどのホテル?? swissotel The STAMFORD Exutive Harbour Viewec

f:id:kazooman:20180805105032j:plain

 スイスホテル スタンフォード シンガポール 

前日、BOSS泊からの続きになります。

f:id:kazooman:20180805105100j:plain

今回は夫婦旅でもありますので、妻曰く、メインの滞在ホテルはマリーナエリアが譲れないらしく、中でも夜景の眺望は大切らしく,ココは素直にご希望通りのホテルを厳選してみます。

マリーナエリアで眺望って観点からですと、通常「マリーナ・ベイ・サンズ」「ザ・リッツ・カールトン」「マンダリン・オリエンタル」「フラートンホテル」等々が思い浮かびますが、マリーナ・ベイ・サンズ泊では、当然ながらベイサンズの夜景は見えないので高層ビルビューとなり、ザ・リッツ・カールトンなら格式も品も申し分ないのでしょうが、立地的にベイサンズを望む夜景は、若干斜め横からになるんですよね~。

f:id:kazooman:20180805105112j:plain

では、マリーナ側やベイサンズ側から中心部を眺めると、ちょうど両サイドの真ん中に位置する、しかも70階建てで高層階のあるホテル・・・じつは立地的に一番景観が素晴らしそうなのは「swissotel The STAMFORD Singapore」の高層階、しかもバービュー(マリーナ側)なんじゃないの??って事で、今回エグゼクティブハーバービューを2泊おさえてみました。

アクセス swissotel The STAMFORD Singapore 

アーリーチェックイン可との事で、MRTは使わず、散歩がてら途中ブギス等で道草しながら向かってみましょう。

f:id:kazooman:20180805105129j:plain

f:id:kazooman:20180805105120j:plain

定番のブギスストリートでは、午前中から人混みに突入していく気力・根性が無く、スーツケース引きながらでは、ざっくりしか見て廻れません。

f:id:kazooman:20180805105200j:plain

ちょこちょこ飲み食いしながら、休憩しながら・・・進みます。日差しが殺人的ですので、なるべく日陰を選んで前進します。

f:id:kazooman:20180805105209j:plain

移動っていっても一直線なので楽なもんです。

f:id:kazooman:20180805153412j:plain

カールトンを横切り・・・

f:id:kazooman:20180805105224j:plain

JWマリオットが見えたら~

f:id:kazooman:20180805105232j:plain

到着です。ラッフルズシティ―やMRTシティーホール駅の真上に建っていますので、これ以上ない!って位、最高の立地ですよね。

 エグゼクティブ チェックイン

一度チェックインしてしまえば、ルームカードキーにて地下やラッフルズシティーからもアクセスできるのですが、なにせ敷地が広いうえ、割とセキュリティーが厳しいので、チェックイン時だけは地上階から入った方が迷わないと思います。

f:id:kazooman:20180805105241j:plain

ファントム圧の迫力が~・・・

f:id:kazooman:20180805105252j:plain

1Fエントランス脇にあるフロントで名前を告げたら、日本人スタッフがお迎えに来てくれていました。この気配り・・・素晴らしい^^

f:id:kazooman:20180805105301j:plain

エグゼクティブ宿泊者は、チェックインは60階のExutive専用カウンターにて手続きします。エレベーターも専用エレベーターでないとエグゼクティブフロアへはアクセスできません。

f:id:kazooman:20180805105316j:plain

このホテル、現在「〇〇階~〇〇階まで」等にブロックで別けてフル改装(リノベーション)中なのですが、築年数はそこそこのものなので、外観はお化粧直しで誤魔化せても、エレベーターの動きは年季を感じます。

f:id:kazooman:20180805105324j:plain

一気に60階まで向かうのですが、ぶっちゃけ・・・遅い・煩い・揺れます。震度1~2相当wwかな。「スカイツリー」や、先日上った「台北101」の無音・快速・揺皆無とは明らかに違います。

60F Exutive専用チェックインデスク

f:id:kazooman:20180805105334j:plain

エグゼクティブラウンジもココから入室します。

f:id:kazooman:20180805105344j:plain

日本人スタッフの出迎えは本当にありがたい^^ 細かな希望なんかも伝えられますし。

「今回は景観バッチリの自慢できるお部屋がご用意できたと思います!」って事ですが、実際はどんなもんなんでしょうかね~。

また、こちらで手続き中に1Fで預けたスーツケース等は部屋に運ばれていました。

f:id:kazooman:20180805105355j:plain

レイトチェックアウトは16時までOK!を頂きました。

さぁ、ココをベースに丸々2日間遊び倒しますよ~!

f:id:kazooman:20180805105409j:plain

宿泊フロアまでは、ココにカードキーを差し込みます。それ以外の不要な客室フロアへはボタンも押せませんでした。

エグゼクティブルーム(ハーバービュー)

予約時の客室イメージ画像&眺望は、こんな感じでした。

f:id:kazooman:20180805105714j:plain

誇大画像で浮かれる程の歳でもないですが、こんな景色は見れるのかなぁ~??

f:id:kazooman:20180805105423j:plain

 さっそく検証してみます。

f:id:kazooman:20180805105432j:plain

デスクにはウエルカムワインとグラス、お菓子…それにお手紙。

f:id:kazooman:20180805105444j:plain

この気配りは、嬉しいもんですよね。

f:id:kazooman:20180805105452j:plain

ノートPCを充電したかったのですがデスク周りに電源が見当たらない。物色していましたら、こんな所に隠れていました。

期待の眺望はどうでしょう

f:id:kazooman:20180805105505j:plain

おぉ~!部屋の中からですが、なかなかです。天気もサイコー!暑そー!

f:id:kazooman:20180805105517j:plain

マリーナ・ベイ・サンズも若干見下ろせます。

f:id:kazooman:20180805105526j:plain

まだテラスには出ていませんが、いいんじゃないでしょうかー??^^ 

日没後の夜景が楽しみです。

何がスゴイって、この高層階でテラスに出れるんです。高所恐怖症の妻は「無理無理!」って外に出るのを怖がっていました。

f:id:kazooman:20180805105534j:plain

このベッド幅なら、かなり寝相が悪くても落ちる事はないでしょう。

f:id:kazooman:20180805105544j:plain

部屋が散らかる前に、隅々までチェックします

f:id:kazooman:20180805105554j:plain

部屋の広さからすると、テレビはちょっと小さ目??かな

f:id:kazooman:20180805105624j:plain

冷蔵庫は小さ目ですが、中身は満タン!

f:id:kazooman:20180805105634j:plain

しかし注意が必要なヤツですね、これは・・・

マリーナ・ベイ・サンズ同様、重量をコンピューター管理されていますので、ちょっと持ち上げただけで課金されるタイプだと思います。

飲みかけを冷やすスペースも厳しそうですね。

しかしエグゼクティブルームはラウンジアクセスできますので、面倒ですが取りにいけば冷え冷えが何時でも飲めますので不自由はないでしょう。

f:id:kazooman:20180805105641j:plain

洗面・トイレ・大理石調で大変綺麗です。

f:id:kazooman:20180805105745j:plain

アメニティー類

f:id:kazooman:20180805105753j:plain

ゆっくり足が伸ばす事のできるバスルーム。しかし館内に数種のスパがありますので、結局滞在中こちらの浴槽は一度も利用しませんでした。

f:id:kazooman:20180805105803j:plain

クローゼット内、金庫・バスローブ・傘・アイロンセット・枕~等々

f:id:kazooman:20180805105813j:plain

ベッド脇にはミネラルウオーター。外出する度に補充されていました。

エグゼクティブ クラブ ラウンジ

f:id:kazooman:20180805105821j:plain

荷物も片付き、落ち着いたのでラウンジに行ってみます。

f:id:kazooman:20180805105829j:plain

ラウンジのイメージ画像はこんなんでしたが、どうなんでしょう

f:id:kazooman:20180805105837j:plain

アフタヌーンティータイムなので、先客はまばら。

f:id:kazooman:20180805105849j:plain

ラウンジ内はL字?T字?のかわった間取りです。

f:id:kazooman:20180805105900j:plain

マリオットやシンガポールフライヤー側

f:id:kazooman:20180805105911j:plain

カールトンは、はるか眼下に。

f:id:kazooman:20180805105931j:plain

ザ・リッツ・カールトンやマンダリン、マリーナ・ベイ・サンズ側

f:id:kazooman:20180805105943j:plain

全て窓際に面していますので、晴天の時はどこに座っても眩しく感じます。

f:id:kazooman:20180805105952j:plain

セルフでも飲み物選べますが、席に着席すると「お飲み物は?」と尋ね、運んできてもらえます。

f:id:kazooman:20180805131522j:plain

こちらもチャンギ シルバークリスラウンジ同様、TWG尽くしです。

f:id:kazooman:20180805110002j:plain

左の赤いカプセルコーヒーも渋みもありなかなかでした。

f:id:kazooman:20180805110012j:plain

外出時、部屋に戻る前、通る度に、この飲み物コーナーにお世話になりました。

f:id:kazooman:20180805110028j:plain

アフタヌーンティータイムは軽食やケーキ・デザート類がメインになります。

f:id:kazooman:20180805110047j:plain

毎回、つまみ食いしていたら、確実にカロリーオーバーですね。

f:id:kazooman:20180805110106j:plain

チーズ類は人気の様で、常に補充されているようでした。

f:id:kazooman:20180805110118j:plain

フルーツ類は、冷蔵庫内に。

f:id:kazooman:20180805110125j:plain

TWGのなんちゃら限定味がおすすめ…ってことで頼んでみました。

f:id:kazooman:20180805110133j:plain

妻は、つねにケーキをつまみ食い。ほーんっと、女性は大好きですよね~。

館内プール

f:id:kazooman:20180805110145j:plain

プールは8Fからアクセスします。

f:id:kazooman:20180805110158j:plain

水遊びする訳ではないのですが、一通り見ておきたいので散策です。

f:id:kazooman:20180805110208j:plain

利用者はほぼ欧米人。アジア人…私だけ

f:id:kazooman:20180805110237j:plain

太陽ギラギラですが、四方を高層ビルで囲まれていますので、常に何処かに「ビル影」ができますので、移動すれば問題なさそうです。

f:id:kazooman:20180805110248j:plain

シティービューで予約すると、客室は、こちら側になるのかな?

f:id:kazooman:20180805110301j:plain

盗撮する訳ではないのですが、金髪のおねーさん一人ってのを何人か見かけました。

f:id:kazooman:20180805110314j:plain

ココには珍しく、中国人は…ひとりもいない。

f:id:kazooman:20180805110328j:plain

プールサイドの隙間からは高層ビル群が…なんとも違和感。

f:id:kazooman:20180805110339j:plain

 反対側にはマリーナベイサンズ&ドリアン風シティ―ホールも。

f:id:kazooman:20180805110349j:plain

プールサイドの脇を進むと、テニスコートも数面ありました。

Willow Stream Spa(スパ)

スパ!ジャグジー!サウナ!…おっさんには魅力的な響きです。

f:id:kazooman:20180805110428j:plain

滞在中、計6回もお邪魔しました^^ アクセスへはプールサイドから。

f:id:kazooman:20180805110438j:plain

プールサイド脇のこの階段を降りていきます。

f:id:kazooman:20180805110451j:plain

f:id:kazooman:20180805110504j:plain

こんな施設が無料で使えるんですから、もうガンガン利用するでしょう

f:id:kazooman:20180805110519j:plain

ココから先はメンズとレディースで入口が異なります。

f:id:kazooman:20180805110534j:plain

まず、この受付で部屋番号と名前を記入し、ロッカーキーを貰います。

f:id:kazooman:20180805110545j:plain

注意事項としては、日本のお風呂やサウナと違い、水着等が必要です。こちらでも売っていますがもったいないですよね。♂であれば短パンでも何でもOKですが、一応カウンターで「ボディースーツは持参した?」みたいに尋ねられます。

f:id:kazooman:20180805110558j:plain

ロッカーキーを受け取ると、この階段を降りていきます。タオル類、あとサウナ上がりの「レモンウォ―ター」は無料で完備されていました。

f:id:kazooman:20180805110608j:plain

館内フィットネスジム

こちらへも、ウィロー ストリーム スパ のカウンター奥へと素進むとあります。

f:id:kazooman:20180805124320j:plain

こちらのカウンターでは特に明記等必要ありませんが、タオル等は完備でした。

f:id:kazooman:20180805124337j:plain

2フロアにわかれています。

f:id:kazooman:20180805124345j:plain

マシン数もそこそこありました。

f:id:kazooman:20180805124356j:plain

旅先でガチ汗かく気にもなれず…覗いただけでした。

エグゼクティブラウンジ(17時~20時)ハッピーアワー

ラウンジでは夕食時の17~20時まで「ハッピーアワー」ってことで本格的なディナーではないものの、ホットミール類や軽食、ケーキ等々が、ずらりと並びます。

がっつりディナーを楽しむまでもないかな?って時なんかは、ココで晩飯済んでしまっちゃいます。

f:id:kazooman:20180805124405j:plain

今日は、朝からちょこちょこ、つまみ食いばっかりしていますので、もうココでちょろっとつまみ食いすれば晩飯入らないんじゃない?ってことで、お邪魔します。

f:id:kazooman:20180805124434j:plain

想像していたものより多種多彩でそこそこ豊富なメニューでした。

f:id:kazooman:20180805124448j:plain

麺類もあります。

f:id:kazooman:20180805124414j:plain

ローストビーフ、生ハム、魚介類、米料理もあります。

f:id:kazooman:20180805124502j:plain

ケーキやフルーツは…結局、どの時間もある・・・と思う。

贅沢マリーナエリアを満喫

食後の腹ごなしで近所をお散歩。妻が見たいものがあると言う。

まさかの「マーライオンの裏のちっこいミニマーライオン」だって。

先日、息子から「あれだけシンガポール行って、ちっこいガッカリマーライオン見たことないんや??ww」とバカにされたらしく。。。見ておきたいらしい。

一応「見ても…しょーもないよ」と念押した上で…(イヤイヤ)付き合います。

f:id:kazooman:20180805124518j:plain

ホテルを出て、100m程歩き、振り返ってみると…やっぱ、ひと際デカいですね~。

耐震設備は整ってんのかな~。シンガポールは震度1の地震すら「100年に1度」って言うし、絶対耐震基準も”超甘あま”なんだろーなー。もし揺れたら...怖いだろ~な~~

f:id:kazooman:20180805124537j:plain

日が沈むと、風が心地よく、そこそこ快適に散歩できます。

ナショナルッギャラリーにさしかかる頃、高層ビル群の灯りはじめました

f:id:kazooman:20180805124546j:plain

なんとも良い雰囲気

f:id:kazooman:20180805124555j:plain

ホテルを出て、一度も曲がらず数分直進しただけなんですが…

f:id:kazooman:20180805124607j:plain

10分弱でラッフルさん像(Raffles Landing Site)まで出てきました。

f:id:kazooman:20180805124616j:plain

この橋を渡れば、フラートンホテル、マーライオンパークへ到着です。立地の良さを痛感します。

お目当てに到着!

f:id:kazooman:20180805124625j:plain

妻:「あ~~・・・これ~??」

ハナサク:「そうよ、何度も来たやん、絶対何度も通っとるはずー」

2人:「・・・そろそろ…戻ろうか…」

f:id:kazooman:20180805124634j:plain

観光客の人混みに突入していく気力もなく…マーさんの後ろ姿見て退散。

この画像…ANA海外旅作シンガポールと同アングルではないかっ!?^^

夜景とマリーナベイ・サンズ SPECTRA

せっかく眺望の良い部屋に滞在していますし、マリーナベイサンズのスペクトラが部屋から見れるかな~??日が暮れて、夜景はどんな具合かなぁ~?って事で、ショーが始まる8時前には部屋に戻っておきましょう^^

f:id:kazooman:20180805124643j:plain

おぉー!!かなり綺麗な景色が目の前に^^

あれだけテラスに出るのを怖がっていた妻が外に出て、必死に写真を撮ってます。

f:id:kazooman:20180805124655j:plain

 ここから眺める『SPECTRA』の迫力は、なかなかのもので、音楽も聞こえてきます。

f:id:kazooman:20180805124706j:plain

イルミネーションの色の変化も、見下ろせますので全景が見渡せます。

f:id:kazooman:20180805124714j:plain

画像では伝わりにくいですが、このド迫力のパノラマビューは素晴らしいかも。

この後、ショーが終わると、またスパに行ってスッキリしたあとは、疲れもあり熟睡でした。

 

エグゼクティブラウンジ60Fで朝食(7~10時)

朝食は、60Fラウンジでも2Fでもお好みで選び食べれますので、翌朝は、まずラウンジ朝食にお邪魔しました。

f:id:kazooman:20180805140251j:plain

ご覧の通り、欧米人しか見当たりません。中〇人がいませんので、品の無い争奪戦もなく、とっても静かで優雅に感じます。

f:id:kazooman:20180805140311j:plain

必要十分ではありますが、品数は、そこまで多くはありません。

f:id:kazooman:20180805140327j:plain

ホテルの朝食は見て楽しむのも醍醐味ですからね。

f:id:kazooman:20180805140346j:plain

本日も遊びまわる気満々ですので、満腹で動けなくならない様、もう、ちょっとずつ一口ずつ味わいます。

f:id:kazooman:20180805140425j:plain

炭水化物・・・敬遠。

f:id:kazooman:20180805140434j:plain

揚げ物・・・敬遠。

f:id:kazooman:20180805140504j:plain

ラウンジスタッフの話では、品数は圧倒的に2Fが多いって事ですので、翌朝は2FのCAFE SWISS に行ってみます。

2F CAFE SWISS(6~11時) で朝食

翌朝~

f:id:kazooman:20180805140513j:plain

2Fの朝食会場にやってきました。

f:id:kazooman:20180805140522j:plain

こちらの方が朝食時間(営業時間)も品数も多い様です。

f:id:kazooman:20180805140537j:plain

しかし、多国籍客で溢れかえっています。中国人も大群で騒いでます。インド系の宿泊客も多い様で、インド系メニューも、かなりの数ありました。

f:id:kazooman:20180805140546j:plain

ホットミール類は衛生面からか、大半蓋が閉まっていますので、ひとつひとつ開けて何が入っているのかチェックしなくてはならず、若干メンドクサイです。

f:id:kazooman:20180805140557j:plain

手狭ではありますが、ライブキッチンも少々ありました。

f:id:kazooman:20180805140608j:plain

全部、見てまわったら、けっこうな時間を要しますが~

f:id:kazooman:20180805140619j:plain

集めてきたの…こんなもんですww

f:id:kazooman:20180805140629j:plain

でも、日本人の味覚にも合う味でおいしかったですよ。

チェックアウト後は荷物をお預け

丸2日、50時間以上たっぷり滞在した上に、レイトチェックアウト16時まででしたが、復路のフライトがSQ618深夜01:25発ですので、まだまだギリギリまで遊ぶ時間があります。

ってことで、チェックアウト後もスーツケースを預かってもらいました。

空港へ向かう21時頃、再度ホテルに戻ってきました。

f:id:kazooman:20180805140638j:plain

チェックアウト手続きもスーツケース預け入れも60Fのエグゼクティブラウンジなのですが、希望時間には1Fのフロントまで降ろしてくれています。

f:id:kazooman:20180805140648j:plain

荷物を受け取った後は、そのまま地下へ降り、MRTシティーホールからチャンギ空港へ向かいます。もしもの悪天候でも、一切雨に濡れずの移動も可能なので大変便利ですね。

まとめ

今回は、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトの希望も快諾して頂けたので時間の許すギリギリまでシンガポールを満喫することが出来ました。

スイスホテル スタンフォード シンガポール は、現在、順次リノベーション中で不便な面もあるかとは思いますが、リニューアルした改装後のお部屋は大変快適なのではないでしょうか?

また何と言っても、「地の利」 イースト・ウエスト・ライン東西線:East West Lineと、ノースサウス線南北線:North South Line)が乗り分けられるMRTシティーホール駅の便利さは、何処へ行くにも便利で簡単。

またエグゼクティブルームもラウンジ権が付いて、多少のワガママや特典の付加価値付きの価格を考えると、周りの高級ホテルより、お得に宿泊可能なのも魅力的ですね。

お得な予約方法

恐らく、最安はスイスホテルサークルメンバー(会員)として、またはOfficialサイトからの直接予約が一番お得と思います。

またOfficial予約特典でシーズン等でも変動しますが、アップグレードやレイトチェックアウト等の希望、また眺望のリクエスト等も可能で希望が通りやすくなります。

詳しくは下記officialsiteからご確認ください。

プロモーション-Swissotel The Stamford(スイスホテル ザ スタンフォード)-シンガポールのホテル-スイスホテル ホテル&リゾート

今回ハナサクはエグゼクティブのバーバービューを選択し「マリーナ・ベイ・サンズから高層ビルまで、全て見渡せる自慢の眺望のお部屋を」とだけ予約時にリクエストしてみました。あっ、リクエスト事項は英文でっ^^

シンガポールの夜景重視!!って方は、一度、お試しあれ。

 

では、また。