独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。アラフィフ突入

クアラルンプールで独りニョニャ料理 フィッシュ ヘッド カレー?! ついでにペトロナス・ツインタワー 超えの「The Exchange 106」や「KL118タワー」のKL高層ビル...等々

f:id:kazooman:20190505104546j:plain

 

クアラルンプール1日ニョニャ料理三昧

ニョニャ料理とはシンガポールマレーシアでしか味わえない郷土料理。

マラッカとペナンの名物料理で 父系祖の中華料理の食材、調理器具、食器を使い、母系祖のマレー人家庭に伝わる香辛料や味付けでアレンジした料理の事を呼ぶ総称です。

ババニョニャ民族(中華系プラナカン)の家庭に伝わっているのがニョニャ料理で、ざっくりわかり易く言うと「スパイシーだけど見た目は中華」かな。

f:id:kazooman:20190505104612j:plain

まずはブキッ・ビンタン「ロット10前」からスタートです。

4月某日、午後は殺人的紫外線が降り注ぎます。暑すぎです。

最初は画面中央のパビリオンから攻めてみます。

f:id:kazooman:20190505122325j:plain

ナシレマで遅めの昼ご飯。「迷った時は”ナシレマ”」って程メジャーな郷土料理で マレーシアを代表する国民食でもあります。

パビリオンの安いフードコートをはじめ 6Fには ちょっとお高いですが有名店の「マダムクワンズ」「グランドママズ」等のニョニャ料理が味わえるお店も多いですので 初挑戦ならパビリオンはおすすめです。 

チャイナタウンに移動


f:id:kazooman:20190505104724j:plain

チャイナタウンでも 食べたいお店があったのですが…まだお腹が減らない😬

f:id:kazooman:20190505104733j:plain

散策しながら腹ごなしをしますが~…

f:id:kazooman:20190505104742j:plain

まだ先程のナシレマが消化待ち😆 無理したら食べれそうですが 晩飯がメインですので これが食べれなくなるのも ちとマズい。

今回はあえなく断念。次回に持ち越しです。

 KLセントラルへ戻ります

f:id:kazooman:20190505105459j:plain

MRTで移動したいので 一旦 KLセントラルに戻ります。

f:id:kazooman:20190505105510j:plain

ついでにNUセントラルLG (地上階) で両替を。おなじみ「SPECTRUM FOREX」と~…

f:id:kazooman:20190505105518j:plain

同フロアにあるGMT currency exchange」でレートチェック

2店舗のレートは凌ぎ合い。その日によって異なりますが 最近は4/5程の割合でGMT currency exchange」の方が 気持ちお得な場合が多いです。

f:id:kazooman:20190505105526j:plain

2店の位置関係は こんな感じです。GMTの方はインド街 (モノレール駅側) の出入口にあります。

ペトロナス・ツインタワー超え「The Exchange 106「KL118タワー」

行きたいお店があるのに お腹が空かないので目的変更です。

皆さま「The Exchange 106」「KL118タワー」って知ってます?

「クアラルンプール=ペトロナス・ツインタワー」って程、今やマレーシアの象徴の様になってはいます。

1998年の完成時には超高層ビルとして世界一の高さを誇っていたのですが、2004年に「台北101」が完成と同時に世界一の座を譲り渡し、その後は「陥落の一途」で 今や世界18位まで後退しちゃってるんです。

そんな状況を打破すべく?国内外あらゆる方面から「無駄な巨額投資」と叩かれながらも ペトロナス・ツインタワーを超える「超高層タワー建設プロジェクト」が始動しちゃってるんですね。

ドバイの「ブルジュ・ハリファの828m」やサウジアラビアに建設中の「ジッダ・タワー1007m」が壮絶な高層争いを繰り広げていますので、今さら世界一は到底無理なものの、完成すれば「ペトロナス・ツインタワーの452m」から「The Exchange 106」は106階、492.3m「KL118は630m」となりKLでの高層記録を180m程更新します。

予定では2019年「The Exchange 106」がまず完成予定で「KL118タワー」は 今現在「2024年完成/118階建て(予定)」とされています。

さらには、それをも上回る超高層タワーも計画があるらしい。。KL景気良いなぁ~

f:id:kazooman:20190505171510j:plain

KLIAエクスプレスでKLセントラルに向かう際も右側に座っていたら見えますよね。

f:id:kazooman:20190505152525j:plain

2018年 夏

昨年の夏、息子と弾丸旅でメルキュール クアラルンプール ショーパレードに宿泊の際、窓から目の前に「The Exchange 106」が見えて 建設中にもかかわらず その大きさに驚いたんです。

 

満腹で突然出来た空き時間、せっかくの独り弾丸旅ですし どーせなら 目の前で見てみたい!って事で 現地視察に行ってみよー。日が暮れる前に見ておきたい。

「The Exchange 106」へのアクセス

MRTで移動であれば とっても簡単です。

MRT(地下鉄)の「Tun Razak Exchang駅」で降りたら もう目の前です。

f:id:kazooman:20190505105641j:plain

晩飯の為に 動き廻って 消化しておきます。

f:id:kazooman:20190505105651j:plain

相変わらず、KLのMRTは綺麗です。

f:id:kazooman:20190505105659j:plain

KLセントラル(ミュージアムネガラ駅)からですと運賃60円位のもんです。

f:id:kazooman:20190505105709j:plain

駅から地上に上がると、もうそこは建設現場

f:id:kazooman:20190505105718j:plain

ビル周辺も開発されていますので かなり大がかりな感じです。

f:id:kazooman:20190505105726j:plain

かつての象徴、KLタワーはこんな距離。

f:id:kazooman:20190505105734j:plain

ペトロナス・ツインタワーとは、こんな距離。

見上げてみますと…

f:id:kazooman:20190505105744j:plain

どーん!…でけーなぁ~。もう完成間近でしょうか。

f:id:kazooman:20190505122353j:plain

いろいろググってみましたが、「The Exchange 106」や「KL118タワー」が完成すると街並みは こんな感じになるんでしょうか?

f:id:kazooman:20190505122403j:plain

完成予想図?

「KL118タワー」の建設地はこちら。こちらはアクセスが簡単です。

f:id:kazooman:20190505122413j:plain

KL高層争いで 記録更新する事は間違い無く 時間の問題の様です。

本日の独りミッション飯は フィッシュヘッドカレー

すっかり日も落ち始めましたので 今日の晩飯目指し KLセントラルの1駅手前、パサール・セニ駅まで戻ってきました。

f:id:kazooman:20190505122429j:plain

夕方ラッシュ(帰宅時)のMRTは激混みでした。

f:id:kazooman:20190505122442j:plain

横断歩道はありませんし、皆、好きな所を渡っていますので「東南アジアあるある」車の隙間を縫っての強行横断してみます。

ちなみにイスラム圏は良いのですが、夜のリトルインディア等(インド街:ヒンドゥ圏)では危険です。突っ込んでくる車は ほぼ「飲酒運転」と疑ってかかりましょう。シンガポールも同じく...です。

お土産でお馴染み セントラル マーケット

f:id:kazooman:20190505122454j:plain

セントラルマーケットまでやって来ました。

f:id:kazooman:20190505122502j:plain

って行っても 今日は おみやげ買いに来た訳ではありません。

f:id:kazooman:20190505122513j:plain

いつもと変わらない 店内。日が暮れて 観光客は少なめです。

f:id:kazooman:20190505122528j:plain

女性のお土産で人気の「なまこ石鹸」も至る所に売っています。お薦めは ちょい高いけど最奥の方の店に売ってる”日本人が作ってる”のが香りも品質も宜しいみたいです。(うちの奥さま談:目印はバンダナの様な生地で帯付き キャンディーの様に包んであります)

f:id:kazooman:20190505194914j:plain

色んな香りがあります。ハナサクはあまり興味が無いので違いがわからない...😆

f:id:kazooman:20190505194926j:plain

※定価はRM12と高いですが まとめて購入だと多少まけてくれます。要交渉。

f:id:kazooman:20190505122537j:plain

セントラルマーケットの奥2Fには、名物の有料トイレ。RM0.50です。

セントラルマーケットは意外にフードコートが充実

f:id:kazooman:20190505122550j:plain

セントラルマーケットは奥行きが長~いんです。

今回は「独り晩飯」目当てですので、正面入口がら入るとインフォメーションのすぐ右後ろにある階段で上がったら 手っ取り早いかな。

f:id:kazooman:20190505122611j:plain

階段を上がると、左奥へとフードコートゾーンが広がります。

f:id:kazooman:20190505122623j:plain

まだ夕暮れ時でしたが,晩飯タイムになると けっこう混んできます。

f:id:kazooman:20190505122631j:plain

このエリアでは各店のお好きな物を好きなだけ。

f:id:kazooman:20190505122641j:plain

このエリアは、どの店も かなりリーズナブルです。

f:id:kazooman:20190505122649j:plain

Precious Old China(プレシャス オールド チャイナ)

f:id:kazooman:20190505122658j:plain

しかし、今回の目的は 階段上がったら真正面にある「Precious Old China」

f:id:kazooman:20190505124015j:plain

hokkien fried noodle(ホッケンミー)

f:id:kazooman:20190505123837j:plain

ニョニャラクサ

f:id:kazooman:20190505124200j:plain

Cincalok Omelette (チンチャロ・オムレツ)

過去に何度か食べた事はあるのですが~・・・

f:id:kazooman:20190505122751j:plain

本日のターゲットはのフィッシュ・ヘッド・カレー(ニョニャ風仕立て)

フィッシュ・ヘッド・カレーとは?

文字通り魚の頭を使い、本格的なインドカレーのスパイスを使ったカレーです。

シンガポール発祥という説とマレーシアからシンガポールに渡ったという説があります。ニョニャ同様、シンガポールかマレーシアでしか食べれません。

またシンガポール風、マレーシア風、伝統的ニョニャ風、インディア風、と見た目や味付けも様々です。

その昔、インドの西南部ケララ州からシンガポールにやってきたインド人が、魚市場で頭だけ切り落とされて捨てられているのを見て、「頭が一番おいしいのに・・・」とフィッシュヘッド入りカレーを作ったのが起源でフィッシュ・ヘッド・カレーが誕生したと言われています。

味はと申しますと、シンガポール風、マレーシア風、インド風で様々なのですが、私達のイメージするカレーではなく、魚のあら焚きの様に しっかり煮込み出汁をとったココナッツ風味のスパイスカレーと想像して頂ければ宜しいかと思います。

いろんな店で各々味が違うので,食べ比べると…楽しいんです。これが…

f:id:kazooman:20190505122723j:plain

では、早速入店です。先客2グループのみ

f:id:kazooman:20190505122808j:plain

ここ、店内は薄暗いのですが 装飾品や家具等 かなりお洒落なんです。

f:id:kazooman:20190505122837j:plain

オールドチャイナ風でもあり…ヨーロピアンな一面もあり。。

f:id:kazooman:20190505123815j:plain

トイレも店内にありますので ご安心を。

f:id:kazooman:20190505122845j:plain

夜の繁忙タイム前でしたので ちょこちょこ撮影。

f:id:kazooman:20190505123211j:plain

ご飯が小さく見えますが、そうではなく カレーがデカいんです。

これを本日は ハナサク独りで挑戦するのです!😝 この為にアチコチ動き廻った…

f:id:kazooman:20190505123220j:plain

そもそもフィッシュヘッドカレーは1人で食べる料理ではなく、土鍋や超大皿で提供されるのを大人数でとりわけるシェアメニュー様の料理って言うのかな。カレーというより、具だくさんのカレー鍋って感じです。

f:id:kazooman:20190505123230j:plain

一口食べると…魚のダシのカレーのスパイスが相まって...旨い!!でも辛い!

「辛さ控えめで^^」と伝えたものの…じゅーぶん辛い。量も具もスゴイ。

f:id:kazooman:20190505123241j:plain

格闘しながら、なんとか食べました。。。が、後からスパイスの辛さが追い打ちをかけてきます。まぁ、大汗ダラダラって程ではありませんが。。

お会計は、飲み物類を合わせて2千円程です。数人用ですので少々高いです。

オーダーの際 店員が甘い冷たい飲み物勧めてましたが”食べ終わって”意味がわかりました😌

f:id:kazooman:20190505184024j:plain

帰り道でも 辛さが収まらず…ミックスジュースや甘い果実を眺め...

f:id:kazooman:20190505184036j:plain

散々、悩みながらも…我慢して帰路につくのでした。

f:id:kazooman:20190505184044j:plain

 日中は暑すぎますが、日が落ちると夜風が気持ち良いです。

f:id:kazooman:20190505123326j:plain

KLタワーが眩しいです。

f:id:kazooman:20190505123302j:plain

 辛さは収まったものの、どーしても甘い物が恋しくなり、ホテル下のコンビニで「RM1.3」の激安チョコアイス片手に ホテルに戻るのでした。。

f:id:kazooman:20190505123338j:plain

ボーナスポイントに釣られたものの…ココは…対応といい微妙~でした。

f:id:kazooman:20190505123346j:plain

これで、本日の独り「うろちょろ旅」は終了です。

疲れました。。。

独りぼっちKL満喫 まとめ

今回は、誰にも文句や意見されない独り徘徊でしたので「一日中ニョニャ料理尽くし」と前日から決めていました。家族や同行者がいると まず反対意見で却下される事でしょう。ひとりは気楽で・・・ホント楽しい😁

チャイナタウンにもう一店行きたかった店があるのですが どーせなら空腹の時に美味しさを満喫したいので 次回(6月)にでもとっておく事にします。

今回訪れたセントラルマーケットの「Precious Old China」の他にも”ニョニャ料理”では 同エリア チャイナタウンの「Old China Cafe」辺りも有名処です。

あとは前述しましたブキッビンタンの”パビリオン”6Fの「マダムクワンズ」「グランドママズ」等や、KLCCやNUセントラル,ミッドバレーに ある「Nyonya Colors」なんかもお薦めです。

お試しあれ...。

クアラルンプールの高層ビル(タワー)争いも、せっかく 修行としてちょこちょこ訪れる訳だし 時々 覗きに行こうと思っています。

なんか楽しみ見つけたら,空港間だけのタッチ修行より 全然楽しいですよ。

 

興味がある方は…是非♪

 

では、また。。。