独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。アラフィフ突入

アメリカでは《Lyft》や《Uber》が便利だが HAWAII ホノルルでも空港乗り入れ規制緩和で到着直後から大活躍 ♪ 簡単設定⇒割引きクーポン,利用方法や注意事項までご紹介

f:id:kazooman:20190609200007j:plain

 出発(出国)前の準備編

フライング・ホヌ新就航に伴い「ひさびさにハワイ♪」って方も これから多くなるのではないでしょうか。実際ハナサクも約2年ぶりだったのですが その間に ちょっとした ある変化が ダニエル.K.イノウエ空港関連でありました。

f:id:kazooman:20190610121213j:plain

空港からワイキキへの移動手段が 何かと面倒なホノルル。

延び延びのモノレール完成も 完成までには もう少し時間がかかりそうですし、アメリカではとても身近でメジャーなUberLyfも”ダニエル・K・イノウエ空港”への乗り入れには規制があったのですが~・・・

 UberLyf規制緩和がはじまり、一昨年前の暮れから試験導入⇒昨年2018年8月から正式に認可されたようなんです。

 利用に関しては 各々様々に利用形態が異なりますので 一概に「誰でもお薦め!」ではありませんが 「おっ!使えるなっ」って方は参考にしてみて下さい。

まずは下準備でアプリをダウンロードしておくと便利ですが Uberのみ割引きクーポン利用で”一癖”ありますので 最後までしっかり読んでから行ってください。Uber設定は現地に到着してからがお薦めです。

Uber Lyft ともに5ドル~2ドル×10回…等々、様々な割引クーポンがネット上にで見受けられますが 今回ご紹介するものが今現在1番割引率が多いものをご紹介しています。大半のクーポンは紹介者にバックがある分 利用者の割引き率が少々劣るタイプがほとんどでした。

Lyftをハナサクは今回利用しました。お気楽なので現地でアプリを入れましたが こちらはUberと違い 出発前にアプリ+割引きクーポン設定しても 現地で問題なく利用できる様ですので 初めての方は 念の為 出国前に準備しておいた方が安心ですね。

設定や登録の詳細は後述します。

Lyft
Lyft
 
 
 
Uber

Uber

 
 
到着直後からNET環境の必要

UberLyfを利用するには まず 前提として お持ちのスマホ等に 到着口を出た直後からwi-fi等のネット環境が必要になってきます。

空港もWi-Fiはありますが「頼りにならない」電波状況です。自己防衛で下準備。

海外レンタルWi-Fi、現地SIM、アメリカ放題、海外データローミングサービス等々、各々予めご準備ください。

他の移動方法も含め総合的に判断

参考までにハナサク持論ですが 空港からの移動手段で、1人なら 乗り合い「シャトルバス」。2~3人もしくは機内持ち込み可程のスーツケース2個位までなら「LyftUBER」。3人以上・スーツケース₍大) 数個なら「チャーリーズタクシー」もしくは「レンタカー」等 利用人数に応じた選択が良いかと思います。リムジン送迎は一度も経験ありません。

 

LyftUberの登録手順,割引きクーポン設定等

f:id:kazooman:20190610224609j:plain

特に難しい事は何もありません。まずはメールアドレス入力から登録開始です。

f:id:kazooman:20190610224625j:plain

Lyft,UberともにSNS認証が必要になってきますので、日本・現地登録どちらでも、携帯番号の頭0をひとつ取って090の場合《+81(日本)-90‐〇〇〇〇‐〇〇〇〇》って感じで大丈夫です。

f:id:kazooman:20190610224648j:plain

アカウント作成まで来ましたら、前述の大事な割引きクーポンを登録します。

f:id:kazooman:20190610224719j:plain

こちらは 必ずしも必要ではありませんが ご利用が初めてで慣れていない方や お互い見つけ出せない場合等で英語での着信に不安な方は 当日の服装を含め”プロフィール画像を登録しておくと良いでしょう。こちらが見つけにくくてもドライバーが服装で見つけてくれる場合もありますので。

到着口から「RIDE SHARE」ピックアップ許可ゾーンまで

f:id:kazooman:20190610224932j:plain

渡航前に”サラっ”と下調べした感じではピックアップ(乗車₎場所に制限がある様でした。結論から言いますと2Fに上がり「ロビー2」「ロビー8」に向かう様にとありますが,到着前から見取り図見せられても解り辛いし行ってみないとわかりませんよね。下記画像の経路を参考にしてみてください。意外に単純です。

f:id:kazooman:20190609221605j:plain

入国審査を終え、到着口まで出てきました。ここを右折します。

f:id:kazooman:20190609221615j:plain

お正月、芸能人がよくインタビューされているエリアにでます。ピックアップエリアまで 色んなブログ等で順路が解説してあり、小難しく感じますが、理屈は簡単で、画像通路の上の 連絡通路を渡り「右上」に上がれば良い訳なんです。

f:id:kazooman:20190609221633j:plain

この上の連絡通路を⇐に渡る為に、2Fまでエレベーター等を利用する為だけに、今一度建物内に入りバゲッジゾーン脇から上がります。

f:id:kazooman:20190609221646j:plain

あれこれ細かく考えず一番近いエレベーターを利用すると良いでしょう。業務用の様な飾りっ気のないエレベーターが各連絡通路下に等間隔で2機づつあります。

f:id:kazooman:20190609221656j:plain

エレベーターを降りると、ハナサクは右折しました。

f:id:kazooman:20190609221710j:plain

この先に見える道路が出発口の降車エリアです。まだ「ロビー2」も「ロビー8」も離れていますが ひとまずココに座ってハナサクは設定を始めました。

f:id:kazooman:20190609221721j:plain

 ココはロビー5~6の間位の連絡通路ですが、スタバが脇にありますので ココで焦らずコーヒーでも飲みながらでも良いでしょう。

f:id:kazooman:20190610224815j:plain

まずは ココでアメリカ放題の設定確認です。ソフトバンク端末の方は忘れずに。がっちり「Sprint」の電波を掴んでいる事を確認します。

f:id:kazooman:20190610224830j:plain

はじめての方は「到着後アテにしてて もし車が捕まらなかったらどうしよう??」って不安がる方もいらっしゃるかと思います・・・が、ご心配なく。空港周辺は待機車がゴロゴロいます。まず5分以上は待つこと無いんじゃないかな。

f:id:kazooman:20190609221734j:plain

現在「ロービー5」前の連絡通路ですので「ロビー2」か「ロビー8」まで移動しなくちゃいけないなぁ~…と思いながら Lyftの設定を進めていますと 現在地から最寄りのピックアップゾーンまで選択するタブがでてくるのですが~…

なんとロビー5」が選択できるではありませんかっ!それなら、この横断歩道渡ったら 到着です。な~んにも難しく考える事はないのでは??と半信半疑ながらお気楽に向かってみます。

f:id:kazooman:20190609221816j:plain

横断歩道脇の警備のおじちゃんにUber? Lyft?」と尋ねられたのでLyftと答えると横断歩道渡った 中央分離帯(安全地帯)で待つ様にアドバイスされました。

f:id:kazooman:20190609221839j:plain

この道路真ん中の中央分離帯で待機です。本来「ロビー2」は もう少し先まで移動しなくてはいけませんでしたので ココでピックアップできるのであれば助かります。

f:id:kazooman:20190609221850j:plain

もし ピックアップ場所がわからなくなっても 焦らなくて大丈夫。RIDE SHAREこの看板や表示を探して下さい。そして 近くに現在地を示す表示があるはずです。配車時に ピックアップ場所に その現在地を選択すれば良いだけです。

f:id:kazooman:20190609221901j:plain

この角度で こちらに向かってくる車両をcheckします。《リクエスLyft》で確定しますと 送迎の車種やナンバー、ドライバーの画像が表示されますので。

f:id:kazooman:20190609221915j:plain

お目当てのお迎えが到着しましたら「笑顔」で手を振ったら、ドライバーも笑顔で答え手を振り返して合図してくれるはずです。

f:id:kazooman:20190609221927j:plain

この様に、利用した車両の大半は「Uber,Lyft」どちらにも登録している様でした。ですので「Uberの方が多い」とか「Lyftは英語だし不安」って言ってても 結果 同じ車がお迎えに来たりする様です。

f:id:kazooman:20190609221937j:plain

乗車前から運賃の概算がわかっているので安心ですね。Lyft は別途チップが必要ですが(チップなしも選択可)それを踏まえても毎回5ドルずつ割引きがあるので Uber よりは安く済みました。お互いスマホを常に確認できますので安心です。

f:id:kazooman:20190609221948j:plain

チップ額は決まっていません。任意です。

私のチップ基準は 降りてドアを開けてくれたり荷物を運んでくれたら 選択チップ額の(真ん中)~(上)位。たまに不愛想だったり降りてもこないドライバーもいますが そんな時は(なし)~(下)位を基準にしていました。チップ額の選択は降車後、ドライバーが立ち去ってから手続きしますので 気兼ねなく出来ます。ご参考までに。

f:id:kazooman:20190610225025j:plain

乗車・到着・注意事項

乗車時(乗り込む際)は、笑顔で簡単な挨拶と 一応、お互いの名前等を確認すると良いでしょう。お互い気持ち良く利用したいので。 基本「目的地の確認」程度のやり取りですが もし英語等ままならなくても気持ちやゼスチャーで何とか伝わるもんです^^ ※Google翻訳って手もありますね。中には飲み物まで準備してくれている とても感じの良いドライバーもいます。

目的地に到着しましたら「Thank you. Have a nice day.」で大丈夫。

ドライバーが走り去ったら 「チップ額の選択」と「ドライバーの評価」をします。

チップ額は利用距離や運賃でも変わってくる様ですが(なし)(1ドル)(2ドル)(5ドル)(カスタム)等で選択できますので サービスに見合ったチップ額を決定してください。車が見えなくなってからで大丈夫です。

評価はの数で5段階評価です。余程の酷い対応以外は☆5で良いでしょう。ドライバーは評価平均が4.5?位を下回ると ペナルティーで乗車できなくなったりする様ですので 皆 笑顔で対応が良いはずです。

f:id:kazooman:20190611003644j:plain

すべての手続きが終わると Lyft から領収が送られてきて取引終了です。

注意事項としてキャンセルの場合があります。

今回ホノルル(Lyft)では一度もありませんでしたが 向こうから一方的にキャンセルされたり 別の車とのマッチングで時間がかかったり。渋滞等が酷い場合に何度か経験あります。しかし この場合は 再度マッチングし直せば問題ないのですが。。。

問題は、こちらが やむ終えず キャンセルせざるを得ない場合。これもキャンセルボタンをタップするだけで済むのですが「配車決定」後の こちらからの一方的なキャンセルの場合は「キャンセル料」がかかってきてしまいます。

こちらの都合でキャンセルであれば 納得できるのですが 中には悪質なドライバー等で「わざとこちらにキャンセルさせる為に遠ざかって行く」なんてケースも 過去にGrabUberで経験した事があります。

致し方なく この様な状況でキャンセルする場合は キャンセルボタンをタップキャンセル理由 を選択できますで「ドライバーが遠ざかっていく」等、正しい状況を選択すると良いでしょう。

何度か経験ありますが キャンセル理由を送信すれば こちらにキャンセル料は一切かかったことはありませんので ご参考までに覚えておくと良いでしょう。

 

Lyft.Uber まとめ

Uber,Lyft,ともに筆頭株主 じつは日本企業なんです。Uberソフトバンクが15%強。Lyft楽天が10%強。両社の持ち株を合わせた評価額は1兆5千億にも迫る程なんです。また東南アジア配車サービス最大手にまで上り詰めたのGrab(グラブ₎の筆頭株主ソフトバンクの孫氏なんです。成長企業の着眼点には「さすが」の一言。

配車アプリ未経験の方は不安に感じられるかもしれませんが、今回ハナサク夫婦はレンタカーを借りませんでいたのでLyftは 大変便利でした。ワイキキを縦横無尽に走り回っている”トロリーバス”より便利で ちょっとした距離でも何度も利用した程です。

今回はハナサクのUberアプリの割引きクーポンが まさかの期限切れにつき 消去法でLyftに初挑戦してみましたが Lyftの方が(5ドル×10回)と割引きは大きいので 大変有難かったですね。

またLyftは出発前に国内で全ての設定や割引き認証が可能な様ですので 初めての方は 予め割引きクーポンの設定まで終わらせておくと、現地到着後はアプリを起動し車両選択&運賃確認するだけですので安心です。

割引きクーポンにつきましては 昔はUberもド派手なプロモーションで かなりお得に利用できたのですが さすがに現在はそこまで派手な割引きクーポンは見当たりませんでした。皆さんも「Uberは経験者」って方が多いのではないでしょうか?

もしUberLyft、双方未経験の方は、同時(または同行者と各々)に設定し 現地でUberLyft、を比べて利用するものアリだと思います。

Lyftのアプリは日本語対応でないので 初めての場合はハードルが高そうですが 実際のところ タップするボタンは上記の画像のみですので意味は理解できでしょう。そうしますと目的地のスペルさえ入力できれば とりあえずは問題なく利用できる筈です。

また大半のドライバーは両方掛持ち登録している場合が多いようですので 実際は どちらから呼んでも同じ車両が来る事が多い様です。

Uber.Lyftを更に徹底比較してみますと、チップ別の正規運賃は若干Lyftの方が安く設定されている場合が多いが 双方 混み合う時間帯でも運賃が変化する様です。

Lyftはチップ別途で Uberはチップ込 の表示です。

シャトルバスは1人であればチップ込みで安いのですが 乗り合い客が揃うまでは待たされますし 各ホテルを巡回していきますので遠回りを余儀なくされ タクシー等の倍以上の時間を要します。また当然ですが混載ですのでスーツケース等も 詰め込まれます。リモワ等の高級スーツケース放り込まれると悲しいですよね~。

タクシーも決して100%安全ではなく 中には遠回り、軽度のぼったくり、クレジットカード拒否等々ありますし、チャーリーズタクシーでも到着後電話連絡の必要あったり、ドライバーにも差があるので、チップ合計だと本当にお得なの?なんて感じた事もあります。

その点、Uber,Lyft 等のサービスは 降車後のドライバー評価次第で乗務禁止等の厳しい処置がされる為 悪質な現地タクシーより、よほど親切、愛想が良い場合が多いんだと思います。

これら全てのメリット、デメリットを踏まえ、旅程に合ったものをチョイスすれば 楽しい旅が満喫できると思います。

長くなりましたが 利用予定の方はご参考にどうぞ。。

 

では、また。。。

 

 

www.kuckys.net