独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。アラフィフ突入

クアラルンプールKLIA⇒klia2 まで移動 (air asia)エアアジア 搭乗 不安だらけのターミナル移動経路から乗り継ぎ手順。初めてでも安心。KLIAエクスプレスor無料シャトル?

f:id:kazooman:20190915222340j:plain

激安旅に欠かせない”エアアジア”は klia2 から

マレーシア クアラルンプール国際空港(通称KLIA)は、世界各国への便が発着する東南アジアの巨大ハブ空港です。大手キャリアの航空会社が発着するKLIAと、主にエアアジア (air asia) をはじめLCC格安航空会社が利用するklia2LCC専用ターミナル)に分かれていますが これらのターミナルは サテライト的な位置づけではなく それぞれ独立した空港として成り立っています。

f:id:kazooman:20190915222359j:plain

そのままKLIAで入国すれば問題ないのですが その先 エアアジア利用で乗り継ぎ 国内線もしくは近隣各国へ行かれる場合は「klia2」へ移動する必要があります。

 KLIAからklia2まで徒歩移動は”不可能”ではないでしょうが、マレーシアの灼熱の暑さに耐えながら(突然のスコールにも注意)スーツケースで移動するのは 現実的ではありません。

地図で見ると近そうですが、直線でも数キロ離れていますし もし徒歩移動となると迂回を含め4キロ程の歩行距離になるのではないでしょうか。

そこで、まず klia2 に負担なく素早く移動する方法で一番おすすめなのが KLIAエクスプレス ではないでしょうか。50円弱で瞬時に移動できますし快適です。

後述しますが 「時間は余裕ある 1円でも節約したい!」って方には(KLIA ⇔ klia2)をピストン運行している無料シャトルバスもあります。

クアラルンプール KLIA 到着 ⇒ klia2に移動

f:id:kazooman:20190915222406j:plain

イミグレを過ぎ、バゲッジクレームを抜けますと、こちらの到着口に出てきます。ここを右折し ピンク (KLIAエクスプレス)が目印のエレベーターを目指します。

f:id:kazooman:20190915222421j:plain

エスカレーターでも良いのですが1フロア降りる度に迂回ターンしますので面倒な上 バス乗り場等への分かれ道も多々あり迷う恐れがありますので 慣れない方はエレベーターが早くて間違い無いです。

f:id:kazooman:20190224200127j:plain

エレベーターを降りると、右手には、もう改札が見えます。

改札口で「klia2まで」と伝えれば「RM2」往復RM4で その場で買えます。しかし少しでもお得に乗車するには改札手前の自動券売機KIOSKを利用します。

出発前に日本からKLIAアプリやOFFICIALオンラインで購入できれば良いのですが、オンライン等では行先を「KLIA2」に選択できません。

しかし 構内のKIOSKでは 普通に選択可能なんです。

f:id:kazooman:20190224200140j:plain

行先を「klia2」と選択

f:id:kazooman:20190224200153j:plain

「片道」か「往復」を選択します。今回は またKLIAに戻ってきますので往復「Return Trip」「人数」を選択

f:id:kazooman:20190224200204j:plain

ここで支払いにクレジットカードを選択しますと 自動で「RM3.6」に割引きされます。時間がいっぱいある場合は時間のかかる無料シャトルバスもありですが 割引き運賃チケット購入すると わずか往復93円 片道47円ですし 一瞬で到着します。

f:id:kazooman:20190224200220j:plain

決済が終わると、レシートの様な乗車券が出てきますので復路利用まで無くさないように。それとカードは自分で引き抜かないと自動では出てきません😆 そこは適度にテキトーな国マレーシアですから...

f:id:kazooman:20190224200233j:plain

プラットフォームは左右でKLIAエクスプレスKLIAトランジットにわかれ色分けされていますが、KLIA2は終点ですので、どちらに乗っても構いません。方向にだけ気をつけて早く到着した列車に乗れば問題ありません。

f:id:kazooman:20190224200248j:plain

必ず、「KLIA2」矢印の方面へ向かう列車に乗ります。

f:id:kazooman:20190224200308j:plain

さすが最短動線、乗車して動いたと思ったら・・・もう到着です。

f:id:kazooman:20190915222430j:plain

改札を抜けると、この場所に出てきます。

f:id:kazooman:20190915222441j:plain

改札を抜けたら、まず右折。

f:id:kazooman:20190915222456j:plain

AEROTEL (トランジットホテル) 側へ進み、甘い香り漂うポップコーン屋さん「garrett」から左折します。

f:id:kazooman:20190915222515j:plain

出発フロアーの案内も随所に出ています。

f:id:kazooman:20190915222527j:plain

この歩道エスカレーターで上のフロアを目指します。

f:id:kazooman:20190915222538j:plain

登りきったら、引き続き、もういっちょ。

f:id:kazooman:20190915222557j:plain

f:id:kazooman:20190915222607j:plain

レベル3まで上がって来たら、あとは直進のみ。

f:id:kazooman:20190915222618j:plain

連絡通路を越えたら、ここからklia2のチェックイン(搭乗)フロアになります。

KLIA ⇔ klia2 無料シャトルバスの場合

再度、KLIAの到着口から

無料シャトルバスは、”無料”というメリットの反面 KLIAエクスプレスに比べると バス乗り場まで多少歩きます。また「LTCP-KLIA-klia2-LTCP」と表記されている場合は乗換えが必要ですので注意が必要です。  徒歩での移動距離、バス待ち時間、バス移動時間がかかります事を理解しておいてください。

f:id:kazooman:20190916155825j:plain

※このアイコンが「KLIA⇔klia2 無料シャトルバス」表示です。

場合によりエクスプレス利用より30分以上無駄に時間がかかる場合もありますので 次の予定に合わせ ケースバイケースで使い分けると良いでしょう。

f:id:kazooman:20190916153428j:plain

エレベーターorエスカレーターで「レベル1(地上階)」を目指します。ピンクのエクスプレス直行エレベーターではなく、こちらのエレベーターを利用します。

f:id:kazooman:20190916153445j:plain

エレベーターが解り辛ければ エスカレーターでも構いませんが 1フロアごと旋回する必要があります。

f:id:kazooman:20190916153454j:plain

地上階まで降りてきましたら「4番出口」を目指します。

f:id:kazooman:20190916153505j:plain

こちらから外へ出ますと~

f:id:kazooman:20190916153519j:plain

バス乗り場に到着です。※撮影時は深夜につきガラ~ンとしています

f:id:kazooman:20190916153535j:plain

4番出口を出ましたら、目の前に「KLIA⇔klia2 無料シャトルバス乗り場」があります。

f:id:kazooman:20190916205903j:plain

大抵並んで待っていますので バスが到着したら 乗り込むだけです。

f:id:kazooman:20190916153826j:plain

空港の性質上、迂回、遠回りで10数分かかりますでしょうか。中には「LTCP(※バスに表記あり)」接続で乗り換えの場合もありますので注意が必要です。

ほどなくklia2のターミナルに到着です。

f:id:kazooman:20190916153836j:plain
ターミナル内に入り、登りエスカレーターに乗れば、元のショッピングモールゾーンへ到着します。そのまま「 Departure 」の案内通りに出発口を目指してください。

www.klia2.info

時間があれば ちょっと寄り道

f:id:kazooman:20190915222652j:plain

この連絡通路を渡り、建物内に入ると、そこはklia2のチェックインフロアになるのですが、時間があれば、ちょっと右折すると展望デッキにアクセスできます。

f:id:kazooman:20190915222702j:plain

この通路一帯が”野宿ゾーン”ですので 沢山の乗継待機の人々が寝ころんでいます。※この硬い床の上で熟睡できるな~…と感心します。

f:id:kazooman:20190915222711j:plain

ここからは、スポット全体が見渡せますので駐機場のエアアジア祭り状態です。また数少ない喫煙ゾーンでもありますので 煙が苦手な方は 景色と写真を素早く撮って そそくさ退散です。

f:id:kazooman:20190916130221j:plain

もはや、LCCの域を超えていますね~。経営不振のレガシーキャリア マレーシア航空とは裏腹に エアアジアは 今なお 快進撃が続き路線拡大中です。

海外発券でKULが聖地なのは 偏に air asia のおかげだと思います。

f:id:kazooman:20190916125459j:plain

右手の こちらに見えます6階建ての建物がエアアジア本社ビルです。

klia2 チェックイン 出発フロアー

では元の経路に戻り klia2 チェックインフロアへと入って行きます。

f:id:kazooman:20190915222753j:plain

f:id:kazooman:20190915222814j:plain

klia2のチェックインフロアは けっこう薄暗くブルーのイルミが目立ちます。この景色…見覚えあります?この”DEPARTURE INFORMATION”の下辺り付近が 例の金正男 VXガス襲撃現場でございます。ちょっと感慨深いものがありますよね。

f:id:kazooman:20190915222826j:plain

klia2 は、ほぼエアアジア専用といっても良いくらい右も左もエアアジア一色です。ご利用の場合WEB予約だけ間違い無くできていれば 誰でも迷わず利用できます。

f:id:kazooman:20190915222917j:plain

見渡しても 各柱の周りはエアアジアの自動チェックイン機 (KIOSK)だらけです。

f:id:kazooman:20190915222926j:plain

皆、自動チェックイン機 (キオスク) で搭乗券をプリントしています。

f:id:kazooman:20190915222951j:plain

自動チェックイン機(端末)が統一されていませんが どの端末を選んでも問題ありません。早速挑戦してみましょう。

エアアジアKIOSKが便利で簡単 (日本語OK)

f:id:kazooman:20190915223001j:plain

モニターにタッチすると起動します。

f:id:kazooman:20190915223011j:plain

初めに言語を選びます。右下に「日本語」がありますので 何も困りません。

f:id:kazooman:20190915223023j:plain

次に、WEB予約時の予約番号を入力します。

f:id:kazooman:20190915223659j:plain

すると、したから搭乗券がプリントされ出てきます。受取を忘れずに。

f:id:kazooman:20190915223036j:plain

預け入れ荷物がある場合は、荷物用タグも自動チェックイン機で出てきますので それらを持って、こちらのカウンターへ。建物入口からすると左手側奥にあります。

f:id:kazooman:20190915223716j:plain

搭乗口へはこちらから。建物入口の最奥にあります。

f:id:kazooman:20190915223731j:plain

ボーディングパスに表示されている搭乗口のアルファベットのレーンへ進むだけです。

エアアジアで klia2 到着 ⇒KLIA またはKLセントラル(各地)へ

f:id:kazooman:20190915223744j:plain

klia2の横幅は結構長いので どこのスポットに駐機しても そこそこの距離を徒歩移動します。

f:id:kazooman:20190915223752j:plain

降機したら 流れに沿って進みます。

f:id:kazooman:20190915223802j:plain

klia2 のゲート見取り図です。ご覧の様に 横にかなり長いのです。

f:id:kazooman:20190915223815j:plain

連絡通路もガラス張り部が多いので空港好きには堪らない。

f:id:kazooman:20190915223827j:plain

でっかい荷物がある方等は大変そうでした。

f:id:kazooman:20190915223843j:plain

ひたすらアライバルホールを目指し進みます。

f:id:kazooman:20190915223851j:plain

ガラス張り面は、けっこう暑い。

f:id:kazooman:20190915223859j:plain

まだまだ進みます。

f:id:kazooman:20190915223909j:plain

ここまでは平坦でしたが これ以降 多少のアップダウンがあります。

f:id:kazooman:20190915223918j:plain

とんでもなく長い登りエスカレーター

f:id:kazooman:20190915223929j:plain

ここまで来ると「動く歩道」があるので 時折 休憩できます。

f:id:kazooman:20190915223939j:plain

お次は…下ります。あと ちょっと!

f:id:kazooman:20190915223947j:plain

今度は なが~いなが~い下りエスカレーター

klia2 名物のイミグレーション(入国審査)

f:id:kazooman:20190915223958j:plain

はじめての方はこの光景に「ぎょ!😬」とする事でしょう。到着便の重なり具合でも多少異なりますが まぁ 大抵このくらいは並んでいます。

f:id:kazooman:20190915224008j:plain

ここは中国かっ!?って連想させられる程の  人、人、人だらけですね。。

f:id:kazooman:20190915224022j:plain

ところが、検査レーンの数もかなりありますので ”検査官vs入国者”の人海戦術のおかげで 予想よりかなり早く順番がまわってくると思います。

f:id:kazooman:20190915224031j:plain

バゲッジクレームで荷物を預けた方はピックアップ。

f:id:kazooman:20190915224040j:plain

このゲートをくぐると、マレーシアに入国です。

クアラルンプール (klia2) 入国

f:id:kazooman:20190915224100j:plain

こちらが klia2到着口になります。お出迎えもチラホラ

f:id:kazooman:20190915224137j:plain

到着口を出て左手を見渡すと…金正男が最後に処置で訪れお亡くなりになって何度もTV放映された”メディカルクリニック”やオールドタウンカフェklia2店があります。

f:id:kazooman:20190915224109j:plain

「KLIAエクスプレス」「KLIA無料シャトルバス」この2つの表示アイコンを覚えておくと良いでしょう。

f:id:kazooman:20190915224206j:plain

クアラルンプール中心部に向かう、またはKLIA、無料シャトルバス、どれを利用するにも、まずは連絡通路を直進します。

KLIAエクスプレス?or バス?or 無料シャトル

f:id:kazooman:20190915224217j:plain

すると、見覚えありますね?あの甘い香り漂う”ポップコーン屋さん「garrett」”のあるショッピングモールゾーンに出てきます。KLIAエクスプレス利用の場合はココを右折

f:id:kazooman:20190916122804j:plain

すぐ左手に自動切符売場と改札が見えますので往路と同じ要領でKLIAまで最短時間で瞬時に移動できます。

格安バス移動 or 無料シャトルでKLIA

f:id:kazooman:20190224200638j:plain

バス乗り場へ向かう場合は ポップコーン屋さんを曲がらず直進すれば、あとは道なり。ゆる~い右カーブですが直進です。

f:id:kazooman:20190224200648j:plain

さらに直進しますと、前方に明るい光が。屋外へ出る扉が見えてきますのでそれに向かって、さらに道なり直進。

f:id:kazooman:20190224200701j:plain

出口寸前まで来ますと、左手にお馴染みファミリーマートがあります。

f:id:kazooman:20190224200714j:plain

このファミリーマート脇の下りエスカレーター(動く歩道)に左折

f:id:kazooman:20190224200729j:plain

キャスター付きの荷物持ってたら、荷物が先に転がり進みますので要注意。

f:id:kazooman:20190915224234j:plain

突き当たりまで行き右折したら「TUNEホテル」ですが、ココでUターンし1フロア降ります。

f:id:kazooman:20190915224245j:plain

正面にはバスチケット売り場がズラっと並んだカウンターと待合室。左手の外に出れば そこはもうバス乗り場です。

f:id:kazooman:20190915224430j:plain

KLIA⇔klia2 無料シャトルバスを利用するのであれば「A10」を目指します。

f:id:kazooman:20190915224320j:plain

「A10」は乗り場の1番先頭 (左奥) ですので すぐわかるはずです。

f:id:kazooman:20190915224333j:plain

LTCP-KLIA-klia2-LTCP」と表記されている場合は乗換えが必要ですので注意が必要です。LTCPは「Long Term Car Park」停車する駐車場で接続乗換えの意味。

f:id:kazooman:20190916211102j:plain

klia2から中心部や観光地等へ直接向かう場合

f:id:kazooman:20190915224257j:plain

先程の歩道エスカレーターを下りきると前方斜め右?位に、ズラっとチケットカウンターが並んでいますので 目的に合わせて購入します。

f:id:kazooman:20190915224405j:plain

支払いを終え 貰った乗車券にバス乗り場は明記されています。今回はKLセントラルまで購入しましたのでRM12。乗り場は「A06」

f:id:kazooman:20190915224415j:plain

先程の無料シャトルバスの後方になりますが、番号の表示がありますので間違える事はないでしょう。また少し早めにバスはフォームに入ってきますので 自由席の場合は 好みの場所を確保し 中で寛ぐのがお薦めです。

 KLIA ⇔ klia2 まとめ

いかがでしたでしょうか?

KLIA⇔klia2の移動で一番のおすすめはKLIAエクスプレスです。何と言っても「早い」「歩く移動距離が短い」そして僅か50円弱の激安ですし、クレジットカードで支払うと10%割引きになります。(※片道乗車券でも)

時間にたっぷり余裕があり「少しでも安く!」がテーマの方には無料シャトルバスが良いでしょう。

klia2に関しましては LCC専用空港と割り切り 覚悟して利用しますと 特に不満は感じません。またショッピングモールはKLIAより充実していますしコンビニからスーパー、ファーストフード店もよりどりみどり沢山ありますので 見て廻るだけでも楽しいんです。

またklia2 を拠点にKL国内各地やシンガポール等は2000円程で行けますしジャカルタやバリで3500~4000円、バンコクプーケットで2500~3000円程の驚愕の運賃がゴロゴロしていますので旅の幅もグンと広がりますよね。

日本各地からKUL(エアアジアklia2)へ向かい、KLIAに移動しレガシーキャリアの海外発券でマイル修行を始めるのも黄金ルートですね。

ハナサクの福岡からはバンコク8000円やシンガポール12800円なんて価格もよく目にしますので ポイント修行をされている方々も エアアジアの運賃を経費と考えポイント単価を計算してみると 実は 使える路線が多々あったりします。

エアアジアにつきましては、マイル修行をされている方々は、ビジネスクラスやプレエコでの贅沢を知っている方が大半でしょうから 予算が許すのでしたら フラットシートタイプは ほぼストレスフリーですし、そこまで高額でなくとも、ちょっとの予算で足元の広いホットシートを選択すると 超快適な上に ホットシート以上は LCCなのに「優先搭乗」もあるんです。

機内食に関しましては 機内で「やっぱり注文しようかな♪」って思うくらいなら WEB予約時にオーダーしておいた方が安くお得です。※基本各種お弁当ですが飲み物付きです。

それと、エアアジア…機内冷房がそーとー寒い!です。特に女性の方は要注意。ブランケットもあるのですが「レンタル」となり有料(※作戦?)です。

機内エンターテイメント等はLCCですので 御座いません。一部シンガポール航空のお下がり機材でモニター付きのものもありますが…映りません。😝

ですので ご希望の方にはタブレット貸し出しでエンターテイメントが楽しめるサービスもあるのですが、こちらも・・・有料です。

利用前に”amazonプライムビデオ”等 スマホに数本仕込んでおいて搭乗する事をお薦めします。

klia2 や エアアジア をご利用予定の方は 是非参考にしてみてください。

 

では、また。。