独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住の気まぐれアラフィフ。ANAのDIAは6シーズン目。JALは2年目の「紫DIA」 海外に行けないのに...必要か?!”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。

羽田空港 国内線 ANA SUITE ラウンジで 防音個室ブース「テレキューブ」初体験♪ 実際に利用してみた感想は?

羽田空港 国内線 LOUNGE最高峰 「JAL:DP」vs「ANA:SUITE」

第1ターミナルのJAL側には「Diamond Premiereラウンジ」が「」と「」に2ヶ所あります。ANA側ラウンジとの決定的な違いは…圧倒的な利用者密度。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ(羽田空港国内線ラウンジ) - JAL国内線

良い悪いは別として、唯でさえ 利用者が少なくゆったり使える上に「北」と「南」に2ヶ所もあるので「寛ぐ場所が無い」...なんて事、まず・・・御座いません。

ハナサクが特にお気に入りなのが、フライト間にちょっと仕事等で💻を触る時、このPCブースが JAL DPラウンジの場合...とにかく広い。滑走路側も反対の壁側も、中間ブースも…選り取り見取り。一度も困ったことがありません。軽食類や☕🥤をトレイで持ってきても 余裕で作業できる ゆとりあるデスク幅。

羽田空港 国内線 ANA SUITE LOUNGE

対する第2ターミナルのANA側には 最高峰 ANA SUITE LOUNGE63搭乗口付近)と、その1フロア下にANA LOUNGE、それから北側60番搭乗口付近に もう一ヶ所 ANA LOUNGEが御座います。※↓画像は 63番付近 ANA SUITE LOUNGE

www.ana.co.jp

ANA SUITE LOUNGE は、かなりの広さです。国際線顔負けのシャワーブース迄完備。

ラウンジ内は軽食も用意され、大理石を多用してあり...オシャレでスタイリッシュな印象。豪華な革張りソファー(4人タイプ多め) が 大量に配置されています。

利用者の少ない時間帯は どのエリアにも座れますが、ここ1~2年コロナ特別対応でのDIAメンバー爆増につき、全く座る場所が見当たらない事も…しばしば。

いつも争奪戦のPCブース席

豪華なソファー席も好きですが💻作業となると、少なめですが専用のブース席が最高。ってことで ハナサクは、ここのエリアで寛いでいる事が圧倒的に多いかな~。

しかし、問題は利用者密度。ちょっとflightの混み合う時間等は…この有り様。

そしてJAL側のDPラウンジと比べ、圧倒的に座席数が少ないPCブース席は?...と言うと「余程 運がよくないと空いてない」って、慢性 満席状態┐(´~`)┌

このブース席の後ろ側にある「1人掛けソファーエリア」は、このブース席が空くのを順番待ちしている利用者で渋滞している始末。

この💻ブース席...もう少し、増やしてもらえませんかねぇ~?ANAさん!

この日も…例外なく、ブース席は…満席の上に 順番待ち多数。

そこで「あっ!そういえば・・・」と…ある事に ひらめきました。

防音個室ブース「テレキューブ」

昨年秋の2021年10月に、ANA SUITE LOUNGE横の防音個室ブースの「テレキューブ」が期間限定でトライアルオープン。当初は3ヶ月の試験的運用の予定でしたが 好評なのか 今も延長が繰り返され、現在も「ANA SUITE LOUNGE」受付エリア左奥のエスカレーター脇に・・・3台設置されています。

昨年秋、設置ホヤホヤの頃、一度申し出ましたが、待ち時間が「2時間( ⊙⊙)」と言われ...それ以降、正直...モノ好きの入るトコ...って認識でした。∠(`∪´)

www.anahd.co.jp防音個室ブース「テレキューブ」の説明項目には...

●周囲が気にならない防音設計
外部の音を気にならない程度に遮断し、内部からの音漏れも少ない防音設計のため、電話やWEB会議で周囲を気にせずコミュニケーションをお取りいただけます。

●快適に過ごせる室内設計
室内にはPCを置けるデスクやソファ、コンセントを完備しており、充電しながら作業を行うことができます。
個室空間で周囲の視線を気にすることなくお過ごしいただけます。

●衛生に配慮した仕様
ブースの天井に装備された2個の換気ファンにより、ブース内の空気を換気し、密閉を防ぐ効果もあります。また耐薬仕様のソファや抗ウイルス・抗菌性のある表面材の仕様のテーブルなど、衛生に配慮した防音個室ブースです。

さて...謳い文句は、、、本当なんでしょうか??🤔

どのみち、お気に入りの💻ブースは満席ですし、どのくらいの待ち時間なのか?だけでも受付に…ちょっと聞きに行ってみようかなぁ~

テレキューブ設置場所

ANA SUITE LOUNGE 受付に向かって...左奥に3台設置されています。

テレキューブ オフィス版個室ブース | 快適なワークブースでジブン空間 ブイキューブ

まず コチラのラウンジ受付でテレキューブの現在の待ち時間を訪ねてみます。

ラウンジ受付で「テレキューブ」利用申し込み

空いていれば すぐ案内してもらえるでしょうし、待ちがある場合は「〇〇分程お待ち頂ければご案内できます」を教えてもらえますので、その際は チケットのQRコードを読み込み「予約受付」してもらいます。MAX利用時間は1時間。

この日は、LOUNGE内がごった返していましたが、テレキューブの待ちは「15分程」との事でしたので、せっかくですし...初体験してみようと思います。

予約が済むと呼び出しバイブを受け取り、ラウンジ内で過ごします。

LOUNGE内で喉を潤していると 10分でバイブお知らせ。呼び出しがあれば、再度 受付へ行き、呼び出しバイブと引き換えに テレキューブの「鍵」を貰います。

今回は こちら「2番」のテレキューブの様です。

ラウンジ受付の左側にあります。右手に2台。

左手に1台の、計3台。

通常、この設置エリアのある受付左奥まで ラウンジ利用者がわざわざ入ってくる事は滅多にないのでしょうが、御覧の様に…外からは 結構「まる見え」です。

防音個室ブース初体験

ラウンジ受付で受け取った「鍵」で開錠します。

ブース内は、静粛性に かなり優れているのは すぐ実感できます。

ブース内 電源・装備

デスク真上には、かなり明るめのLED証明。照度調節は不可の様です。

天井に装備された2個の換気ファンにより、ブース内の空気を換気

ブース内には、一人にはじゅうぶんな横長のテーブルとソファーチェア

机には照明スイッチ、電源コンセントと有線LANポートがあります。

利用した感想を募る、アンケート用のQRコードも用意されています。

防音個室ブースの利用規約・注意事項

  1. 利用時間は最大1時間
  2. ブース内での飲食は一切禁止
  3. ブース内ではマスク着用

利用してみた素直な感想

 

約1時間ほど利用してみたハナサクの素直な感想です。

メリット
  • SUITE LOUNGE内の💻ブースが少ないので代用スペースとなる。
  • 静かなプライベート空間で💻作業が出来る。
デメリット
  • LOUNGE内に比べ...明らかにWi-Fi電波が悪く 速度が低下
  • 空調の調整が一切出来ないので ちょっと暑かった
  • 1時間飲食不可は「?」せめて飲み物は良いのでは?
  • ブース内は 外から丸見えで 晒しもの動物園状態
  • 電源はせめて2口欲しいところ
  • 照度の調節が不可
  • 防音個室の筈なのに エスカレーターの音は結構...響く。

あれ??気になった点の方が...多い??∠(`∪´)

キャッチフレーズにある「リモート会議に最適」については、少し回線速度が不安定だと感じました。あとは、温度も籠るので 少し…暑いのかなぁ~。

羽田空港 SUITEラウンジ テレキューブ まとめ

今回は以前から気になっていました羽田 ANA SUITEラウンジの受付横にある防音個室ブース「テレキューブ」を初めて利用してみました。

画像では広さが解り辛いのですが、1人しか入れません。

ラウンジ内、窓際のPCブースが...せめて もう倍くらいあれば必要ないのでしょうが、現状、ほぼ空いているのが「珍しい」って状態ですので、フライト迄の待ち時間に💻作業をする場合は、静かに過ごせますし 良いと思います。

但し、飲食は禁止ですので、飲み物や軽食が欲しい場合は テレキューブから出ることになりますので、少し面倒ではありますね。

また、SUITEラウンジ横に試験設置され 初めての「真夏」を迎えるのですが、これからの季節は ロビーの温度次第ではあるのでしょうが、少々蒸し暑くなるのかな?

注意点は、ラウンジ内の優先搭乗案内や遅延のお知らせ等のアナウンスは、ほとんど聞こえなくなりますので、自己責任で注意が必要です。※利用時間が迫ってくるとスタッフが外から パネルで残り時間のお知らせがあります。利用時に搭乗券のQRコードを読み込みして手続きしますので搭乗便は 把握出来てるでしょうし テレキューブ利用中のみ、教えてくれると良いのですが。

とはいえ、ダイヤモンドステータスで まだ利用された事のない方は…気になっているのではないでしょうか? フライトまでのわずかな寛ぎタイムで「飲食禁止」は 使いにくいとは思うのですが、少し時間に余裕がある方は…利用してみるのも良いかもしれません。

気になった方は…是非、一度…お試しを。

 

では、また~~。。