独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。アラフィフ突入

2019年2月~福岡空港にANA SUITE LOUNGE誕生!ANAラウンジも伊丹・福岡・那覇空港がリニューアル。コンセプトは新千歳ANAラウンジ同様 「一期、一会」監修:隈 研吾氏

f:id:kazooman:20181118115833j:plain

福岡空港 ANA SUITE LOUNGE 2019年2月上旬 誕生

f:id:kazooman:20181118145831j:plain

以前から福岡空港内に「ANAスイートラウンジ誕生」「ANAラウンジ刷新」の告知ポスター等で予告していましたが 遂に詳細が ANAが2018年11月16日にプレスリリースで発表されました。

f:id:kazooman:20181118115853j:plain

2019年春2月上旬(予定)に、福岡空港に待望のANA SUITE LOUNGEの新設が行われます。国内線のSUITE LOUNGEは、羽田、伊丹、沖縄、新千歳に次ぐ5カ所目となります。

それに伴い福岡・伊丹・那覇空港でも ANA LOUNGEの刷新されます。

建築家・隈研吾氏監修 伊丹・福岡・那覇空港の国内線ラウンジを刷新|プレスリリース|ANAグループ企業情報

隈 研吾さんと言えば…新千歳空港が思いだされます。

 今回のコンセプトも「一期、一会」との事ですので 今までの大人の雰囲気から一変、新千歳の様な木のぬくもりを感じる様な明るい空間になるのかもしれませんね。

 

福岡空港 NEW ANA LOUNGE

  • ラウンジに直結する室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」2階に新設。
  • ラウンジは2階から3階に移設し、面積を約1.2倍に拡張。
  • 国内5カ所目となる国内線プレミアムメンバー向けの最上級ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」を新設。
  • ラウンジ内の窓から滑走路が見える、明るく開放的な空間。

 

ANAラウンジ 受付
  • 飛行機のフラップを模した天井が、心地よい空間を演出。
  • 雲を想起させる越前手漉き和紙の「光壁」が、特別な空間を演出。
  • ユニバーサルデザインに配慮した高さの低いカウンターを設置。

f:id:kazooman:20181118115914j:plain

ちょこちょこ福岡空港は利用していますが 新生ANAラウンジ完成まで残り約3ヶ月。とくに大掛かりな工事も見られませんし一体どうするんでしょう?って感じていましたが 羽田の様にワンフロア上り3階に誕生する様です。

ラウンジに直結する室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」を2階に新設し 羽田等の様に専用エスカレーターで3階の受付へ。※タブン

 

ANA LOUNGE デザイン概要
  • 栓の木を使用した「大和壁」が、明るく軽やかな空間を演出。
  • 短い滞在時間のお客様でも気軽にご利用いただきおくつろぎいただけるよう、これまでのカウンターチェアに加え、新たにソファーシートを設置。

f:id:kazooman:20181118115903j:plain

ラウンジ内の窓から滑走路が見える、明るく開放的な空間。今まで福岡空港ANAラウンジは窓がないので解放感が皆無でしたので これは嬉しいですね。

 

ANA SUITE LOUNGE
  • 飛行機のフラップを模した天井が、心地よい空間を演出。
  • ウォールナットの木を使用した「大和壁」が、落ち着きのある上質な空間を演出。
  • ゆっくりとおくつろぎいただけるよう、センターテーブルを囲んで座面の深いソファを設置

f:id:kazooman:20181118134758j:plain

あれ?新設される福岡空港 ANA スイートラウンジには窓は無いのかな???

伊丹空港 NEW ANA LOUNGE

 

  • ラウンジに直結する室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」を南ターミナル3階に新設。
  • ラウンジは3階から4階に移設し、面積*2を約1.2倍に拡張。
  • 窓を背にした受付から滑走路が見える、明るく開放的な空間。

 

f:id:kazooman:20181118115935j:plain

伊丹空港の「ANA PREMIUM CHECK-IN」は2019年秋~の予定です。

伊丹空港ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」は 福岡空港同様、2019年の2月上旬予定となっています。

f:id:kazooman:20181118115947j:plain

かなり明るい空間になりそうですね。

f:id:kazooman:20181118120017j:plain

福岡もそうですが、新千歳同様、スイートラウンジの特別感は無さそうです。

 

那覇空港 NEW ANA LOUNGE

 那覇空港は「ANA LOUNGE」を「ANA SUITE LOUNGE」に併設し、面積を約1.8倍に拡張との事ですので 今までの様に”ラウンジに入室するも座れない!?”現象が緩和される事を切に願います。

那覇空港国際線ターミナルも現在 国際線ターミナルとの連絡通路等の工事が急ピッチで進んでいる最中ですが 現在の「ANA LOUNGE」と「ANA SUITE LOUNGE」の場合は別々に検査場が分かれていましたが、これらも刷新され 共にラウンジに直結する専用保安検査場のご利用が可能になります。

  • ANA LOUNGE」のお客様も、ラウンジに直結する専用保安検査場のご利用が可能。
  • ANA LOUNGE」を「ANA SUITE LOUNGE」に併設し、面積*2を約1.8倍に拡張。

f:id:kazooman:20181118143900j:plain

那覇空港「NEW ANA LOUNGE」は2019年秋予定。

f:id:kazooman:20181118120050j:plain

那覇空港「NEW ANA SUITE LOUNGE」は2019年2月下旬予定。

まとめ

今回のANAラウンジ刷新内容は、コンセプト「一期、一会」も,監修も同じ隈 研吾氏ですので ほぼ々 新千歳で行われたものと同じとなりそうです。

特に福岡空港では JALラウンジが全リニューアルで先を越された感がありましたし 混み合う南ラウンジは座る事もままならない時間帯もありましたので、ビジネス路線ですし待ち焦がれていた方も多いのではないでしょうか。

最近 何かとANA改悪ばかり目につきますが SFCホルダーのせめてもの特権であるラウンジのリニューアルは 久々の嬉しニュースといったところでしょうか。

しかし今までのブラックを基調とした落ち着いたアダルトな雰囲気から一変、やたら明るい木目調のデザインになり 賛否両論ありそうな気もします。

また福岡空港国内線ターミナルの 現在2つあるANAラウンジ(南)と(北)については発表がありませんので 統合され「ANA SUITE LOUNGE」1ヶ所、「ANALOUNGE」1ヶ所となるのではないかと考えられます。この辺りも発表があれば追って更新したいと思います。

新設される「ANA SUITE LOUNGE」はご当地軽食も大変気になります😝

ご当地大人気商品で空港内に販売ルートを持つ 大人気商品と言ったら~…なんでしょう。 「どらキングなま」か「博多あまび」だと超インフレ価格なので嬉しいです。

まぁ...どちらにしても…体脂肪になるのですが。。。 😆

福岡空港ANA SUITE LOUNGE OPENしたら真っ先に突撃レポートしてきます。

ANA、機内安全ビデオを「歌舞伎」テーマにリニューアル

SFC修行経験者ならば 「ご搭乗ありがとうございます♪ Welcome Aboard ANA・・・」とセリフを丸暗記できる位の回数見たであろう プッシュバック中に機内放映される このビデオ。

どうやら、そろそろお別れの様です。

f:id:kazooman:20181118160756j:plain

※以下 プレスリリースより抜粋

ANAは昨年度より「安全と品質・サービスの総点検」に取り組んでおり、お客様に機内での安全に関わる大切な情報をより分かりやすく確実にお伝えするとともに、興味をもってご視聴いただけるよう、機内安全ビデオ(字幕は17ヵ国語に対応)を刷新します。2018年12月1日より国内線で、2019年1月1日より国際線で上映を開始します。

  •  今回のビデオは松竹株式会社の全面協力ならびに、歌舞伎俳優 尾上松也氏監修の下、ユネスコの「無形文化遺産」に登録されている日本の伝統芸能「歌舞伎」をテーマに制作し、以下の工夫を凝らしています。
    • ①歌舞伎俳優が機内の安全についてご説明をする独創的な映像
    • ②登場する客室乗務員と音楽が異なる3パターン(内容はすべて同様)を制作
  •  本ビデオを通じて安全に対する理解を深めていただくとともに、世界中のお客様にご搭乗のタイミングから日本の伝統芸能・文化に触れていただき、また、日本人のお客様にとってもその素晴らしさを再認識していただく機会につなげたいと考えています。

 さらに、降機の際には今回の撮影の裏側の様子がご覧いただけるメイキングビデオをご用意しています。弊社グループ社員も出演し、お客様へご搭乗の感謝の気持ちを込めています。

 これからも、安全運航を基盤にANAが大切にしてきたおもてなしの心とともに、自由な発想と挑戦でブランドコンセプトである「Inspiration of JAPAN」を感じていただけるよう、ワクワクするような体験をお届けしていきます。是非ご期待ください。

 

 

しばらくは違和感がありそうですが、時期 見慣れてくると当たり前になる事でしょう。

 

個人的には…今年散々お世話になったシンガポール航空が 今のところ好みかも。

特にエンディング部分のワクワク感が…なんとも心地良い✈

 

 

では、また。