独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住。現在はDIAの恩恵を満喫しつつ、”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。アラフィフ突入

バリ島へはシンガポール航空利用は超快適!到着後⇒ホテルまでの移動はどうしよう?!ングラライで”ぼったくり”に遭わない為の予防策に!空港送迎も”KLOOK”が激安 693円~

f:id:kazooman:20190713193729j:plain

ングラライ (デンパサール) 国際空港の鬼門

綺麗な海。格安で楽しめる各リゾートステイをはじめ グルメ旅 若い女性やオーストラリアからの観光客 またHawaii同様 世界中のサーファーに絶大なる人気を誇る 南半球を代表する観光地「バリ島」

そんな人気観光地なのですが バリに限らず インドネシアの"鬼門"と言うと、空の玄関口「国際空港」に 観光客泣かせの「全ての難関」が集中している様に思います。

逆に「空港」さえ無事にやり過ごせれば 後は 後述します”ブルーバードタクシー”さえ覚えておけば バリもビビる事はありません。何とかなります。

初めて訪れる観光客が よく餌食になるのが バゲージクレーム でのスーツケースの荷物、受取場所でのポーターぼったくり「お手伝い”詐欺”」入国審査での空港検査官によるビザ”や”入国カード”詐欺”。両替では大量の紙幣に変わるので まるで手品のような”紙幣抜き取り詐欺” 。観光客に対する すべての”ぼったくり”を綴っていたらキリがありません。

f:id:kazooman:20190713193818j:plain

そして とどめの洗礼・・・空港タクシー”ぼったくり”。エアポートタクシーは”幾分マシ”にはなってきていますが 客次第で値段はコロコロ変わります。

これら 皆 空港の制限区域内、しかも空港職員によるものなんですよね。わかります?一般人は立ち入り出来ないエリアで この様な事が起こっているんです。

現大統領になり かなり改善されてきてはいるようですが、それでも まだまだ 「観光客≒餌食」って風習が抜けきれない現実があります。

f:id:kazooman:20190713193827j:plain

街中の流しのタクシーなんて うかつに乗ると気持ち良く”吹っ掛けられ”ます。唯一安心できるブルーバードタクシーも その外観を真似した偽物が街中ゴロゴロしていますし。先進国では考えられないし どーかしてます。運賃は約2~3倍程です。

徹底的に「クリーン」にしたら 国のイメージも変わり 観光客を安心して迎え入れることが出来れば どれだけ国のメリットになるかを考えて欲しいもんですよね。

 バリでもKLOOKは使えます

大半の観光客はホテルの送迎、旅行会社の空港送迎プラン、空港内のエアポートタクシー利用って感じになると思います。

ちょっと慣れたツーリストになると 駐車場を突き抜け フェンスの隙間から空港敷地外まで歩いて出てからブルーバードタクシーをアプリで呼んだり 捕まえたり、または空港立体駐車場の5階まで上がり「Grab」を手配するってのも使えます。※バリ島ではUberが撤退したので現在は利用不可です。

コスパ優先ですと空港からサルバギータバス等でホテルまで向かう事も可能です。

しかし 旅慣れしていない観光客が こんなハードルの高い 面倒臭い移動方法は…知識が無いので 選べません。しかも重いスーツケースもあるでしょうから 大抵の場合「ちょっとぐらい高くても すぐ移動できるタクシーでいいよ」って諦めてるのが現状ではないでしょうか?そうなんです。多少ぼったくられても「日本の運賃よりちょい高い?」位に感じるので”観光地価格”程度に考えがちな レート麻痺を巧みに利用したぼったくりなんです。

通常の2~4倍位は取られますので 予め 知識武装で自己防衛は必須です。

香港のエアポートトレインやクアラルンプールのKLIAエクスプレスでも 以前ご紹介しました「KLOOK」が なんと ココ「バリ」でも使えるんです。

まだ 未登録の方は 先に下記の手順で”500円クーポン”をGETして下さい。

 

割引きクーポンをGETの手順

f:id:kazooman:20190714140450j:plain

ます初めに、必ず コチラ から新規登録をします。

新規登録⇒2000円以上の利用で「500円割引」で初回利用が可能です。

いきなり登録と同時に予約では割引きクーポンが獲得できませんので要注意

 

Sign Up Now」クリック から進みます。

f:id:kazooman:20190203141328j:plain

E-mail または FaseBook で新規登録をします。

入力後「Sign Up 」をクリックします。

f:id:kazooman:20190203141340j:plain

するとWelcome to Klook!と表示されQRコードが表示されます。これでプロモコードは獲得できています。

f:id:kazooman:20190203141352j:plain

不安な場合…確認方法は、TOPページの「Klook User」から下へ進み「Promo Codes」をクリックします。

f:id:kazooman:20190203141402j:plain

すると今現在 獲得済みのプロモコードが表示されます。

実際の利用にはアプリがスマートでおすすめです。

Klook: Sightseeing & Day Trips
 
Klook: Sightseeing & Day Trips
 
 
 
以後は アプリで 予約手順を解説します。

KLOOKのTOPページから 利用地域を選択します。

f:id:kazooman:20190713203935j:plain

インドネシア⇒バリを選択します。

KLOOKは シンガポールクアラルンプール香港台湾中国等 ハナサクをはじめ 大半のマイラーが訪れる地域が利用対象です。渡航予定のある方は 予め覗いてみるのも良いでしょう。

f:id:kazooman:20190713205814j:plain

バリのページからは 下部へスクロールし「Transport & Wifi」を選択

f:id:kazooman:20190713193845j:plain

コチラから送迎の予約をはじめます。まずは BOOK NOW から送迎先の目的ホテルのエリアを選択します。クタエリアは驚愕の「693円」です!ジンバランやレギャン等は距離に応じて高くなりますが それでも激安です。

f:id:kazooman:20190713205907j:plain

人数に応じて送迎車の種別(タイプ) や 希望日時を選択。

f:id:kazooman:20190713210810j:plain

 ングラライ国際空港への搭乗便や時刻、ホテル名や住所、連絡方法等 もろもろ 尋ねられますので 参考にしてください。そして「View Bookings」で予約完了!

f:id:kazooman:20190713193905j:plain

予約完了後はKLOOKアプリの下タブ「Bookings」から確認できます。

 福岡 FUK⇒チャンギ SIN⇒ングラライ DPS

ハナサクのホームでもある福岡空港国際線にもSQ787‐10が就航開始しました。

f:id:kazooman:20190714124209j:plain

地元なのに 基本 国際線は利用しません。可能な限り...利用したくありません😒

今回は「福岡⇔シンガポール 787-10 就航記念」激安セール運賃で発券したので…致し方なく福岡空港国際線からの出発なのです。

f:id:kazooman:20190714124221j:plain

その訳は…コレ!

優先レーンなんてございません。大韓航空(スカイチーム)はあるけどのらないし。

なんでSQ便のビジネス利用者が、LCC利用の韓国人に紛れて並ばにゃいかんのじゃ~!って叫びたくなります😅 バニラエア(ピーチ)利用、またはエアアジアの場合なら我慢もできるんですが。。。

f:id:kazooman:20190714124233j:plain

ビジネスクラスですのでスターアライアンスは「ラウンジ福岡」が利用できます。まぁ お恥ずかしい限りの感じですので 紹介記事すら あまり書く気にもならない。

f:id:kazooman:20190714124242j:plain

本日お世話になりますSQ655便 787-10

f:id:kazooman:20190714124253j:plain

就航間もなかったので ボーディングブリッジには SQ787-10 をバックに記念撮影用の「プラボード」も用意されていました。

f:id:kazooman:20190714124302j:plain

このスタッガード&SQガールのサービスは快適です。

f:id:kazooman:20190714124322j:plain

チャンギに着いたら、素早くトランジットプログラムでの「S$20バウチャー」を貰いにいきます。もう 昨年から何度も利用していますので かなり慣れました。

f:id:kazooman:20190714125722j:plain

ングラライ(デンパサール)行きの SQ946 まではシルバークリスラウンジで休憩

f:id:kazooman:20190714125747j:plain

そして再びSQ便にてバリへ。A330-300

バリ(デンパサール)ングラ・ライ国際空港 到着

f:id:kazooman:20190714125801j:plain

見えてきましたよ~。バリ島が~。シンガポール経由ですので 長かったですが ビジネスクラスなら快適です。まだまだ乗ってられます。

ちょっと高いけど やはり距離がある地域へはビジネスが快適です。

f:id:kazooman:20190714125817j:plain

イミグレを無事通過し・・・

f:id:kazooman:20190714125902j:plain

バゲッジクレームを過ぎましたら~

f:id:kazooman:20190714125949j:plain

少額だけ両替しておきます。この左右店舗は安全です。自己防衛策としまして 両替したら 手渡された紙幣を 目の前で 今一度「数え直す!」これ鉄則です。後ろに並んでいたら日本人の場合 慌てて譲りそうですが,一度窓口を離れて「足りなかった」と訴えても 後の祭りですのでインドネシアでは 必ず その場で確認!

さぁ、お迎えの程は…どうでしょう?!

f:id:kazooman:20190714132829j:plain

両替も終わり、いよいよ到着口が見えてきました~。特にSQ便は遅延等もありませんでしたが KLOOKのお迎えとは無事に出逢えるんでしょうか。

f:id:kazooman:20190714132840j:plain

ウェルカムボード持ったお迎えが大量に居ます。見つけられっかな。。。

f:id:kazooman:20190714132853j:plain

と思ったら、あっさり発見!オレンジボードとオレンジのポロシャツで すぐ目につきました。かなり目立ちます。満面の笑顔です。

カタコトですが日本語も うっすら大丈夫でした。そして本日のドライバーさんを紹介されたら 駐車場まで案内されます。

立体駐車場までの移動中も インチキTAXI業者から「Hey Taxï?」「Taxï?」Taxï?と、とっかえひっかえ 絡まれる絡まれる。もう煩い煩い。もう…ガン無視で良いです。

「利用したくなるサービス」を提供すれば 自ずと客からやってくる!ってのに サービス業ってものを まるで理解していないインドネシア人。

f:id:kazooman:20190714132905j:plain

立体駐車場の入口まで来たら「ココでちょっと待ってて。車を廻してくる」と言い残し ドライバーだけ車を取りに行きました。

f:id:kazooman:20190714132916j:plain

本日の送迎車・・・搭乗。スズキのエンブレムですが 国内では見ない車種です

f:id:kazooman:20190714132925j:plain

車内はですねー、、「超派手 ♪」でも綺麗にされていましたよ。

f:id:kazooman:20190714132934j:plain

ホテル到着後は 丁寧にスーツケースもエントランスまで運んで頂けました。KLOOKでクレジットカード決済済みなので 着いたら降りて「お礼の挨拶」だけ。

f:id:kazooman:20190714132943j:plain

このサービスで「693円」凄くないですか?お礼を言って 笑顔でお見送り。

f:id:kazooman:20190714132951j:plain

空港到着口からドアtoドアで チェックインできました。ココから数日かけてIHGボーナスポイント目当ての転泊がはじまります😁 安いですよ~

 バリ (現地) や 空港まではブルーバードタクシー一択!

滞在中は「Grab」でも良いし、なんといっても「ブルーバードタクシー」が便利

My Blue Bird Taxi
 
My Blue Bird Taxi
 

f:id:kazooman:20190714134211j:plain

空港に戻る際も ホテルまで時間通りにお迎えに来てくれます。

f:id:kazooman:20190714134222j:plain

お釣り程度の ほんのちょっとのチップで この満面の笑顔。商売はまっとうに真面目に 正直にするもんです。成長するんだインドネシアww

 バリ島送迎 まとめ

KLOOKのングラライ送迎…いかがでしたでしょうか。

KLOOKの他にも「ベルトラ」「クラクラ」等「バリ島空港送迎」で検索すれば ゴロゴロ出てくるのですが どれも 微妙~な価格設定。そんな数ある空港送迎サービスの中でも KLOOKは群を抜いて安いです。

KLOOKで500円クーポン利用の場合は2000円以上の利用って制約がありますので 今回のような距離の短いエリア等の場合は 往復等で憧憬金額を調整し利用すると良いでしょう。

また現地滞在中のブルーバードタクシーアプリですが 大変便利に使えます。UberGrub同様 配車前にドライバーの☆評価も見る事ができますし。※設定時に無理してクレジットカード情報まで登録しなくても良いと思います。いくら優良タクシーとは言えインドネシアですし ハナサク個人的には”クレジットカード情報”を預けるまでの信用は危険の様な気もします。現金払いで「笑っちゃう」位 激安ですので ご安心を。

バリに行かれる際に お役にたてれば幸いです。お試しあれ。

 

では、また。。