独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”

福岡市在住の気まぐれアラフィフ。ANAのDIAは6シーズン目。JALは2年目の「紫DIA」 海外に行けないのに...必要か?!”ゆる~く”楽しみながら旅&思想中。

いよいよ JAL 国内線運賃改定(値上げ) 本格始動。春以降~のJAL修行はどうする?当日アップグレードする?しない?今回の国内線タイムセールはGW期間を含む 特便あり。

 

今年のJALステータス...目標設定をどうするか。

予想以上にコロナや原油高でJALの財務逼迫が深刻化しています。今思えば予兆は2021年~ JALの不思議な対応が目につき 薄っすら感じていました。そして今年に入り 先月には突然の運賃改定や特典発券の制度見直し等々「改悪」発表続き。

先月の記事でも触れましたが、2023年~徐々に改定が進むと思いきや、今年に入り 値上げ(改悪) 改定は急ピッチで進められている様に感じます。

2022年、ハナサクのJAL搭乗実績現在迄のFOP実績は「約2万」です。

今のところANAよりは乗っています。しかし これから「JGC修行」をされる方の様に 熱い情熱もありませんし、何より 国際線が恋し過ぎて「国内線」への飽き、「運賃の値上げ」で…個人的に盛り上がりに欠けるところであります。正直なところ 今年は「DIA防衛」辞めようかな...とも感じています。

運賃値上げ改定は3波構成で襲ってくる

昨年末の時点では 多岐にわたる噂が飛び交っていましたが、現在のことろ、今後のスケジュールとしましてJAL国内線の新料金改革は3回に分かれ行われます。

第1弾:4月15日~

まず 4月15日以降分~の搭乗から適応される新料金が、当日アップグレード。

普通席⇒クラスJへの当日アップグレード新料金

料金 区間
+1,000円 東京(羽田・成田)-山形、名古屋(中部・小牧)、小松
大阪(伊丹・関西・神戸)-新潟、隠岐、出雲、松山、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島
札幌(新千歳・丘珠)-女満別、青森、秋田、花巻、仙台
福岡-出雲、徳島、高知、松山、宮崎、鹿児島、奄美大島
沖縄(那覇)-奄美大島久米島宮古、石垣
出雲-隠岐
鹿児島-松山、種子島奄美大島、徳之島
奄美大島-徳之島
+2,000円 東京(羽田・成田)-札幌(新千歳・丘珠)、女満別旭川、釧路、帯広、函館、青森、三沢、秋田、大阪(伊丹・関西・神戸)、南紀白浜、岡山、出雲、広島、山口宇部、徳島、高松、高知、松山、福岡、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美大島
大阪(伊丹・関西・神戸)-札幌(新千歳・丘珠)、女満別旭川、函館、青森、三沢、秋田、花巻、仙台、山形、種子島奄美大島、徳之島、沖縄(那覇)、宮古、石垣
札幌(新千歳・丘珠)-新潟、出雲、広島、徳島
名古屋(中部・小牧)-札幌(新千歳・丘珠)、釧路、帯広
福岡-花巻、仙台
沖縄(那覇)-岡山、福岡
+3,000円 東京(羽田・成田)-沖縄(那覇)、久米島宮古、石垣
名古屋(中部・小牧)-宮古、石垣
福岡-札幌(新千歳・丘珠)
沖縄(那覇)-名古屋(中部・小牧)

 


ファーストクラスへの当日アップグレード新料金

普通席から クラス Jから 区間
+10,000円 +8,000円 東京(羽田・成田)-札幌(新千歳・丘珠)、大阪(伊丹・関西・神戸)、福岡
大阪(伊丹・関西・神戸)-沖縄(那覇
+12,000円 +9,000円 東京(羽田・成田)-沖縄(那覇)、石垣

 


4月15日~変更のある運賃

運賃/料金 搭乗期間 変更実施日

大人普通運賃

小児普通運賃

往復割引

ビジネスきっぷ

eビジネス

株主割引

介護帰省割引(値下げ)

当日アップグレード

2022年4月15日以降 2022年4月15日
第2弾:4月26日~
運賃/料金 搭乗期間 変更実施日

特便

先得

2022年4月26日~10月29日    2022年4月26日  
第3弾:5月中実施~
運賃/料金 搭乗期間 変更実施日

特便

先得

2022年10月30日~2023年3月25日 2022年5月(予定)

 

JAL国内線航空券(先得・特便)タイムセール開催中

今年2回目の「国内線タイムセール」が本日より始まっています。運賃改定後になりますので 一昨年の様な「激安」は、あまり期待していませんが、微かな望みを抱き 要チェックをお薦めします。今回の目玉は久々の「特便」が含まれる事。

先得は安いがFOPは稼げない。運賃が値上げされている今、狙うは 今まで以上に「特便」かもしれません。特便は400FOPボーナスが付きますので、先得と特便が1,000~2,000円差であれば、運賃次第では断然「お得」になるケースが多いです。

※一昨年迄のように「HND⇔OKA 先得セール:7,000円!」等であればFOP単価は逆転します。

今回の搭乗期間は 2022年4月19日(火)~5月9日(月)迄の20日間程しかありませんので タイミングは難しいところですが、ゴールデンウイークを含みますので この辺りの需要が重なる便は「争奪戦」になりそうです。

タイムセール期間:2022年3月29日(火)00:00~4月11日(月)23:59

搭乗期間:2022年4月19日(火)~5月9日(月)

対象運賃:タイムセール先得割引タイプA、タイムセール特便21

国内航空券タイムセール - JAL国内線


今回のタイムセールには「特便」が久しぶりに含まれています。ってことで、早速29日0時を過ぎて…運賃チェックを残席具合を確認してみました。

修行路線のHND→OKA(普通席:特便)

13,000円程(前後)でしたら、FOP単価は6.93となり文句なし。

修行路線のHND→OKA(クラスJ:特便)

最安運賃が表示される時間曜日(便)は…限られます。

クラスJになるとFOP単価は「6.75~7.53」と悪化するものの、当日アップグレードで3,000円追加払いすると考えると、お得かもしれません。

週末は少しお高め。早朝の便でもFOP単価8.01~9.46」と…悪化します。

週末の午後の便は…FOP単価「21円越え!😵 論外です。普通席は吉。

OKA→HND(普通席:特便)

今回のセール運賃を見て「」と感じたのが、同じ路線でも往路・復路で かなり価格設定に開きがある。これは残席の関係でなく こういった価格設定かな。

OKA発の方が安いですね。便は限定ですが 普通席FOP単価で「5.326.19

OKA→HNDクラスJ:特便)

クラスJになるとFOP単価は「5.276.08」と言った感じで、OKA発の便の方が かなり料金設定が安く設定されている気がします。往復で買って 中間値で相殺錯覚させるJAL戦術なのだろうか?🤔

今年は「DIA防衛は狙わないかも...」と言っておきながら、とりあえず数レグは抑えてみました。まだ決済していませんが、じっくり検討したいと思います。

JALダイナミックパッケージ(✈+宿)もタイムセール開催中

JALパック | 期間限定タイムセール東日本(JALダイナミックパッケージ) - 往復航空券+宿泊がおトクに!

ダイナミックツアー(航空券+宿)も販売期間中ですので 要チェックですね。

先着限定 JALダイナミックパッケージ 期間限定割引クーポンもありますので、ゴールデンウイーク等、家族でお出かけの場合は使えそうです。ご興味のある方は急いで♪

JALパック|期間限定割引クーポン(JALダイナミックパッケージ)

 

JAL 国際線運賃改定&タイムセール まとめ

今回のJALの国内線運賃改定により、ANAの動向が気になるところ。追随しそうな気もしますし、逆に独自色を強調する 新たな一手に出そうな気もします。

昨晩は、29日0時と同時に「JALタイムセール」を覗いてみましたが、いつもの様なサーバ負荷も感じませんでしたし、タイムアウト現象も起こりませんでした。

あれ?いつもと違う。。。皆、反応悪い?

そりゃそうかも。「私が首相になったら国民に給付と支援を約束します♪」とか言ってたキッシーは、既に期待倒れで「先延ばし総理、決断できない優柔不断総理」と揶揄される始末。国民の方を向いていない。操り人形なんだろ~なぁ~。。。

毎日 物価値上がりニュースばかりで、軽い「インフレ状態」。他国への支援は数兆円即決!外国人留学生への10万円支給は即決!ガソリンの減税にあたるトリガー条項の凍結 (減税凍結) だけは…早かった。。。年金受給者へ1度きりの5,000円支給まで高市氏に打ち切られる...お粗末さ。バイデン並みにヤバいな。

尚且つ、先行き不透明な現状で 航空業界まで大幅値上げとなると…「旅行でストレス発散 ♪ 」とはならず、テンション下がるのも頷けるような気がします。

タイムセールに関しましては、今年JGC修行をされている方等に「特便」が狙い目だと思いますが、クラスJに拘る必要はないかもしれません。

路線にもよりますが、普通席でもFOP400ボーナスが積算されますので、普通席狙い、またはクラスJ&普通席等、FOP単価で選ぶと良いかもしれません。

あとはFOP単価は見劣りしますが 株主優待&ファーストクラス狙いが良いのかな。

運賃改定で 値上がりした以上、一定数いる「修行僧」離れを引き起こさない為にも、こういったセールは、今まで以上に定期開催する必要がありそうです。

タイムセールで「まとめ買い発券」が修行スタンダートになったりして🤔

当日アップグレートの値上げに関しましては、ANAを知り尽くしているハナサク目線ですと「予想ほど高くもないかな?」が…素直な感想。

今までの+1,000円が安過ぎですし、ファーストクラスの10,000~12,000円も「ANAに肩を並べてくる」と想定していただけに…許容範囲でした。

但し、値上がりばかりでは、顧客やファンは離れます。値上げと同時に顧客も喜ぶサービスや利便性の改善が絶対必要ではないでしょうか。

ANAは当日アップグレード料金改定をして、随分の月日が経ちますが、値上がりした分、UPG手続きは WEB上で2日前の0時からアップグレード出来る様になりましたので 搭乗日の朝 空港カウンターでの戦いは無くなりましたし、過去の改悪の際でも、何かしら「改善&向上」が同時に行われてきました。数年前と比べると ネット環境を含め サービスは 常に改善していってる気がします。

この辺りのサービス向上が、企業の存続に大きく関わってくると思っています。

JALには是非とも、値上がり分以上の「わくわく」を提供して欲しいと思います。

数日前、JALのCAさんが業務中に骨折するニュースを見ました。

勤務中は気が張っていたのでしょうが、骨折してもサービスを続けるプロ根性に驚きを隠せませんでした。これらCAさんの雇用を守るためにも 過去の(破綻)経験を糧にビジョンがしっかりした経営をJALには期待したいと思います。

 

今日は、ちょっと愚痴っぽくなりましたね。(≧∀≦ゞ

今日はこの辺で…

 

では、また~~~。。